基本事項:タイの気になる【トイレ事情】お話しします!これだけ押さえておけば安心!




サワディーカップ、白鳥(@shiratori_dai)です!

食事時にご覧いただいた方は、大変申し訳ございません。

しかしながらお手洗いは、誰しもが欠かすことのできない生理現象の一つです。

海外旅行に行く時は、「トイレってちゃんとあるかな?綺麗かな?」と気になるポイントの一つであると思うので、タイのトイレの話をさせていただきます。

本日もお付き合い宜しくお願い致します。


スポンサーリンク

タイの基本的なトイレルール

 男性用と女性用は分かれている

当たり前だー!と思われるかもしれませんが、タイでも男性用と女性用は誰でも分かるように表示があり、分かれています。

中国の田舎の様に扉が無い!なんてこともありません。

また、男性用は、一般的には小用・大用トイレが分かれておりますが、狭いトイレでは大用トイレだけのところも多いです。

海外(特にアメリカ)では、防犯上の理由から大用トイレの扉の下に少し空間があることが多いですが、タイではさほど気になりません。アメリカなどでは明らかに扉の向こうから足が見えるトイレがありますからね。笑

 

 紙を流してはいけない

これ結構重要です!備え付けのティッシュだろうが、ペーパーだろうがNGです。

最近は、トイレに「Do not flush any trash in the toilet!」などと張り紙がしてあったりと、対策をしているトイレもあります。観光客が多いホテルでは、張り紙を目にすることがあります。

タイのトイレは配管のパイプが細く、日本の様にトイレの流水圧が強くない為、紙を流すとすぐに詰まってしまいます。

最初の頃は、私も知らずに紙を流しており、スタッフを呼んで直してもらったことがありますが、それ以降流さない様に心掛けています。

 

 有料トイレもある

ほとんどのトイレは無料ですが、一部のバスターミナルやチャトチャックマーケット内などはトイレが有料です。

トイレの入り口に現金回収おばちゃんが座っていることが多いので、一目瞭然で有料だということが分かります。

一般的に3~5バーツ/1回(10~18円程)のところが多く、回収おばちゃんがお釣りをくれるので、細かいお金を持ち合わせていなくても問題ないです。

トイレによりますが、ティッシュも5~10バーツ/1ヶ(18~35円程)と有料の場合もありますので、ポケットティッシュをいくつか持ち合わせておくと大変便利です。

 

トイレ使用方法

用を足す

タイではこちらの洋式タイプが多く、用を足すまでの使用方法は日本と同じです。

なんだ、フツーじゃんか、と思われるかもしれませんが、、

 

ここから日本では見慣れない状況になってきます。

手動シャワーと流水ボタンが一般的にこの様な感じで配備されています。

 

手動シャワーを使用

タイには、日本式ウォシュレットが付いたトイレは珍しいですが、手動シャワーはよく見かけます。

【使用方法】

  1. お尻めがけて、ボタンを押したり、レバーを引いて水を出す
  2. 左で(不浄の手)を使って洗う
  3. ペーパーで拭き取る

私も何度か試したことがありますが、水圧が弱かったり強かったり、ズボンを濡らしてしまったりとあまりいい思い出がありません。笑

ですが、物は試しですので、気が向けば一度、ご自身のホテルなどで試してみて下さい!

ちょっと抵抗があるという方は、いつもの通りペーパーを使用すればOKです!

 

ペーパーをゴミ箱に捨てる

必ず、ゴミ箱が設置されています。

使用したペーパーは面倒ですが、全てこちらに捨てましょう!

➤最後に流水ボタンを押して、ちゃんと水が流れたかを確認して終了です。

 

↓タイには、手動で水を流すトイレも場所によってはあります。

少し抵抗があるかもしれませんが、用を足したら、バケツの中で水を汲んでトイレを流しましょう。

水は蛇口から出た水道水で、キレイなのでご安心を。

 

タイでトイレが使える場所

基本的な考え方として、大きな建物であれば、清潔か清潔でないかは別としてトイレは大体あります。

買い物や食事を何もしなくても、トイレだけ借りて嫌な顔をされたことはほとんどありません。

うーむ、みたいな顔されたら、使用料として20~50バーツくらい支払えば、貸してくれると思います。

 トイレの場所を聞きたい時の一言

あなた
ホーンナム ユー ティナイ カップ(カー)?(トイレはどこにありますか?)

 

ホーンナムがタイ語でトイレ、ユーがある、ティナイがどこ、という意味です。

あなたが、男性であればカップ、女性であればカーをティナイの後に付けると丁寧語になりますので、聞くときは付けた方がいいですね!

最近は、トイレという単語が通じますので、トイレトイレー!!と言って慌てれば通じると思います。

 

ホテル

大体1階(受付があるフロア)にトイレがあることが多いので、分からなければ受付の人に聞いてみましょう。

タイでは、1階(受付があるフロア)のトイレであれば、宿泊者以外の使用も認めれていることが多いです。

 

レストラン

個々で営業しているレストランには、ほとんどトイレがありますので、ご安心を!

但し、ショッピングセンター、デパート内のレストランのトイレは、ショッピングセンター、デパートのトイレに集約されているので個々にトイレがあることは、ほとんどありません。

 

ショッピングセンター、デパート

ショッピングセンター、デパートのトイレは、清掃が行き届いた大変清潔なトイレです!

全てのフロアにあるわけではありませんが、必ずどこかにありますのでご安心を!清潔なトイレで用を足したい時は、ショッピングセンター、もしくはデパートに駆け込みましょう。

 

病院

病院は誰でも出入りできますので、病院のトイレも自由に使うことができます。

余談ですが、日本ではナースキャップは今では珍しいと思いますが、タイの看護師さんはナースキャップを頭に被っていることが多いです。

 

公園

公園にも必ずトイレがあります。

公園には、警備員がいることが多いので、公園内で喫煙や飲酒はしない様に気を付けましょう。水などの飲み物は、公園内で販売されているので園内で飲んでもOKです。

あまり清潔とは言えませんが、もちろん誰でもトイレを無料で使うことができます。

 

ガソリンスタンド

タイで高速道路を走っているとガソリンスタンドをやたら目にします。

高速のガソリンスタンドには、トイレが必ず併設されており、またカフェやコンビニ、レストランが敷地内に入っている所が多く、ドライブインの様な感じになっています。

下道のガソリンスタンドは、ドライブインの様な感じにはなっていませんが、トイレは借りることができます。

 

➤日本では、必ずと言っていいほどコンビニエンスストアや電車の駅にはトイレがありますが、タイのこれらの場所では、トイレは使えないので要注意です。

(一説によると、お金を幾らか払えば使えるということも聞いたことがありますが、基本使用不可と考えておきましょう)

 

まとめ

タイのトイレ事情、お分かりいただけましたでしょうか?

最初は私もタイのトイレ事情を恐れていましたが、実際生活をしてみて、さほどトイレで困った経験はありません。今のところ、何とかなってます。笑

しかし、一つ強く感じるのが「日本式シャワートイレの喪失感」

バンコク市内のホテルにもわずかではありますが、シャワートイレが設置されているホテルを発見しました。

 

  • ジ オークラ プレステージ バンコク 

日本にもあるホテルオークラグループということで、重厚感がある造りで、非常に綺麗で高級なホテルです。

➤ジ オークラ プレステージ バンコク が気になった方はこちらから

 

  • グランド センターポイント ホテル ターミナル21

BTSアソーク駅、MRTスクンビット駅直結。大型ショッピングセンターターミナル21が隣接しており、大変便利な場所にあります。バンコクの中心地なので、旅行者には、大変おすすめのホテル!

➤グランド センターポイント ホテル ターミナル21 が気になった方はこちらから

 

  • V レジデンス ホテル アンド サービスド アパートメント

BTSプロンポン駅から徒歩10分圏内。何度か宿泊しましたが、値段の割にとにかく部屋が広くて、部屋も綺麗!楽天トラベルアワード7年連続受賞しており、日本人から大いなる支持があるホテルです!

➤V レジデンス ホテル アンド サービスド アパートメント が気になった方はこちらから

 

シャワートイレにあるホテルに泊まりたいという方も多くみえると思うので、今後もバンコク市内でシャワートイレのあるホテルを探してみます。

「ここもシャワートイレあるよ~」という情報お持ちの方、ぜひ教えてくださいませ!

 

トイレ事情と上手く付き合って、快適にタイで過ごしましょう!!

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です