こんな時どうする?タイで【予期しないトラブル】に遭ってしまった時の対処方法お話します!




タイにいると、何かとトラブルは、付き物です。

普段から気を付けていても慣れてきて、つい気が緩む頃に何かが起きます。

日本ならば、言葉が通じ、ある程度ルールも分かっているのでまだしも、異国の地でトラブルを解決するとなると一苦労です。そして、外国人が何かを言っても間違いなくアウェイ感が出てしまいます。

 

それでは本日は、誰もが十分に起こり得うるトラブルとその対応について、お話したいと思います。


スポンサーリンク

現金や荷物を紛失した場合

タイ現地の警察に行って、紛失・盗難届出証明書を発行してもらえます。それを発行することで紛失した物が警察に届けられた場合は、返却してもらう権利を持つことができます。

ただ正直、現金や荷物はほどんど戻らないと思った方がいいと思います。

 

スリや置き引きも場所によっては多く、紛失したと思ったことがスリによる仕業だったということも十分にあり得ます。

現金を紛失した場合は、諦めてクレジットカードやデビットカードでのATM出金でカバーしましょう。

※ATM出金については、こちらの記事を参照下さい。

タイのクレジットカード・デビットカード・ATM事情お話します!
サバイディーマイ?どうも!白鳥(@shiratori_dai)です!本日の内容は、タイにおける「クレジットカード・デビットカード・ATM」のお話となります。 クレジットカー...

 

※タイの治安については、こちらの記事を参照下さい。

タイバンコクって安全?注意する点は?【治安情報】についてお話します!
こんばんわ、バンコクは雨季が終わろうとし、乾季の訪れを感じ始めている白鳥です。最近少しずつ、涼しくなってきました。百貨店に行くと、ダウンや長袖が売られていま...

 

パスポートを紛失した場合

現金や荷物の紛失同様に、タイ現地の警察に行って、紛失・盗難届出証明書を発行してもらいます。

その後、在タイ王国日本国大使館に行き、パスポートの新規発給を申請します。

日本人が働いていますので、大使館では日本語で対応してもらえます。

 

【新規発給/必要書類等】

・一般旅券発給申請書 1部 

大使館に置いてあります。

・紛失一般旅券等届出書 1部

大使館に置いてあります。

紛失・盗難届出証明書 1部

上記の警察で発行してもらった証明書です。

・戸籍抄本(謄本) 1部

6ヵ月以内に取得した物です。タイの大使館では、取得不可ですので要注意です。もしもの時に備えて、日本から1部持って来ておくとベターです。

・写真 2枚

縦4.5cm×横3.5cm、カラー/白黒可、6ヵ月以内に撮影した物です。大使館の隣に写真屋があるので「For passport」と言うと、撮影してそれ用に切ってくれます。

 

【交付日】

土日祝日を除く3日後(所要日数4日)

→交付には、申請時に発行される申請受理票と手数料が必要です。

 

【手数料】※18年6月現在の手数料価格

10年旅券 4,910バーツ

5年旅券   3,370バーツ

(≒3.5円/1バーツ)

 

【バンコク/在タイ日本国大使館】

TEL:02-207-8500

02-207-8501 (パスポート関係)

営業日:月~金 8:30~12:00、13:30~16:00

休日:土、日、祝日

 

クレジットカードを紛失した場合

最寄にカード会社の支店があればそこに行きましょう。

ただ、言葉の問題が少なからずあるので、日本の発行カード会社へ速やかに紛失の電話をするのが一番良い方法です。

 

電話することで、使用停止の手続きが取れるので、悪用される心配は消えます

カード会社によっては、紛失したカードのカード番号や有効期限を聞かれる場合があるので、メモ帳などに控えておきましょう。


スポンサーリンク

タクシーに荷物を置き忘れた場合

つい、トランクに荷物を入れたのを忘れていて。。なんてことがあると思います。私も一度スーツケースをトランクに入れたのを忘れて、走ってタクシーを追いかけたことがあります。

もしもの時に備えて、乗車した際にタクシーの車両番号を控えておくのは良い策です。どのタクシーにも車内にタイ語と数字が書かれた黄色の札が貼ってあります。ただ、タクシー運転手も大きな会社に所属している人もいれば、個人で小遣い稼ぎ程度でやっている人もいるので、一概に車両番号を控えたからといって、紛失の連絡がきちんとできるというわけではございません。

 

例えば、空港から乗ったタクシーであったら、空港のタクシー乗り場に車両番号と紛失の連絡を入れれば、紛失物の確認ができる可能性があります。

また、タイではGrab Taxiという携帯連動のタクシーアプリサービスが人気があり、安心です。Grab Taxiの運転手は、受け答えもしっかりしており、正規料金でやってくれます。その為、乗ったタクシーがGrab Taxiに加入しているタクシーだった場合、Grab Taxiに車両番号と紛失の連絡をすることで格段に紛失物発見の可能性が高まります。

(加入しているタクシーは、緑色で Grab Taxi と書かれたシールが車両や窓に貼られているので、すぐに分かります)

 

基本的に、タクシーに何かを置き忘れたら、終わりだくらいに思っておくべきです。

※タクシーについては、こちらの記事を参照下さい。

タイのタクシーって安全?タクシーのイロハ答えます!
こんにちわ。最近足の痛みに悩まされてます、白鳥です。皆さんは、海外旅行時にタクシーに乗るって、知らない所に連れて行かれるんじゃないか、ちゃんと目的地が伝わる...

 

E-TICKETを紛失した場合

E-TICKETの紛失は、そう焦ることではありません。

なぜならば、事前に航空券を予約してあれば、パスポートさえあれば発券が可能であるからです。逆にE-TICKETだけあっても、パスポートがなければ発券できません。実際に私もチェックインの際に、最近E-TICKETを出していません。

よって、パスポートがあれば、航空券の発券に問題はありません。

 

ケガや病気をした場合

バンコクには、日本人用窓口がある病院が幾つかあり、日本語で受付をすることが可能です。

 

・バンコク病院

・サミュティベート病院

ここは、日本人の患者さんも多く、設備的にも技術的にも申し分がないバンコクの有名な2大病院です。

海外旅行保険に日本で加入された方は、必ずパスポートと海外旅行保険を持参して病院に行きましょう。

 

でも海外旅行保険って結構高いし、旅行前は病気なんてしないだろう、と思い海外旅行保険をついつい省略しがちじゃないですか?

そんな方は、VISAの海外旅行保険付帯のカードを一枚事前にもっておくと大変便利です。補償金額も大きく(特にゴールドカード)病院でも使えて、いざという時にめちゃくちゃ役に立ちます!

三井住友VISAプライムゴールドカード キャッシュバックキャンペーン

三井住友VISAカード 入会キャンペーン実施中!

 

まとめ

トラブルは、起こらないことが一番ですが、もし何かトラブルが起きたら、焦らずに対応することが大事です。

またそれと同時に、気を付けることで少しでもトラブルの発生確率を減らすことができるので、自分の身は自分で守ることも非常に肝心です。

 

私もついつい気が緩みがちですが、バックは必ず前で持つ。不要な現金は持ち歩かない。人通りの少ない所は歩かない。などは徹底しています。

 

タイは、笑顔が素敵な国で、陽気な国民性で、気候も暖かくて非常に素敵な国です。トラブルが起きると素晴らしい国での楽しい旅が台無しになってしまうと言っても過言ではありません。

あなたもトラブルをなくして、素晴らしい旅にして下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です