猛暑対策!!タイに来たら、安くて涼しい持ち歩き可能な【小型扇風機】を買おう!




サバイディーマイ?どうも!白鳥(@shiratori_dai)です!

ニュースで見ましたが、日本の今年の夏は、猛暑日が続きなんと全国で7万人以上の方が熱中症になられたそうです。

なんと、埼玉県の熊谷市では、41.4℃を記録したみたいですね。

気温40℃超えは半端じゃなく、身体が溶けるような暑さですね。。

今更ですがタイも日本に負けじと、年中暑いです。一応タイにも四つの季節がありますが、お構いなしです。(乾季だけは、長袖上着が必要になる程に寒い日がありますが)

タイの四つの季節やべストシーズンついては、こちらで書いております。

熱中症が常に隣り合わせのタイ。

対策方法や対策グッズは、色々とありますが、タイならではの猛暑対策グッズがありますので、それを紹介させていただきます。

本日もお付き合い宜しくお願いします。


スポンサーリンク

小型扇風機について

白鳥
画期的な暑さ対策グッズ欲しいなぁ。。

タイで街を歩いていると、小型扇風機を持っている人をちょこちょこ目にします。

まぁ、なんといいいますか、パッと見、『ダサ可愛い』ですよね。笑

  • 持ち歩き可能(ファンの長さ平均10cm程)
  • 乾電池式
  • リーズナブルな価格
  • 強弱調整可能(ランクによる)

 

タイでゴルフに行ったことがある方は、小型扇風機を持ったキャディさんを見たことがあるかもしれません。

私の体感では、5人に1人のキャディさんがカバンに小型扇風機や扇子をカバンに潜ませています。

ゴルフ場で風の全くない日は、蒸し風呂のごとく暑いので、これらが非常に役立ちます!

タイのキャディーさんが気になる方はこちらの記事を。

 

価格帯

 100バーツ~200バーツ(350円~700円)

日本で扇風機を買おうと思うと、それに比べると格段に安いですよね。(まぁ、半分おもちゃみたいな物ですが・・)

 

入手場所

 MBK(マーブンクローンセンター)

小型扇風機は、タイのショッピングセンターならばスマホグッズと一緒の場所で売られているのが定番。

MBKの電子機器コーナーが一番品揃えが良いです。

MBKとは、各フロアが衣類・家具・電子機器・お土産物・食べ物などに分かれている大型の8階建てのショッピングモールで、トータル2000店以上のテナントが入っています。

観光客にもタイ人にも大人気で休日はいつも賑わっています。

地図:

BTS National Stadium駅直結なので、BTSでのアクセスが大変便利です。

 

使用方法

使い方は至ってシンプル。

作動させたい時にONボタンを押し、切りたい時にOFFボタンを押すだけ。

物によっては、風の強弱を調整できるので、ボタンを押して調整しましょう。

作動しなくなれば、ほぼ電池切れですので、電池を入れ替えましょう。

↓日本では同じ物は、やはり販売されていない模様ですが、こんなイメージです。(これの方が大きいですが)

まとめ

街で使っている人を見て、当初は「なんだアレ?」と少々小バカにしておりました。(ゴメンナサイ)

しかし、ゴルフに行った時にキャディーさんに借りて使わせてもらったら、思った以上にファンが強く回転して、涼しくてハマりました。

使ってみると…

 

地味にひんやり~ とします。使っていただければこの感じが分かるはずです。

 

あと、この小型扇風機ですが、タクシーの運転手が壁に取り付けて使っているのも何度も見ました。

他には屋台などでもタイでは、結構需要がある様で、色んな所で売られており、使用されています。

安くてカラフルで、可愛い小型扇風機は、タイならではの発明品。

タイに来たら、あなたも一度騙されたと思って一個買ってみてはいかがでしょうか?

たぶん小型扇風機の魅力にハマりますよ。笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です