タイで人気でお得な【イオンクレジットカード3種類】詳細と申込方法を解説します!




タイに移住したら、為替問題があるので現地通貨で決済可能な現地のクレジットカードを1枚は持ちたいですよね?

 

でも、どのカードがいいのか分からない!という方に是非、おすすめしたい『イオンクレジットカード』を紹介します。

イオンクレジットカードは、イオンタナシンサップ社(イオングループで、タイでタイ人や外国人向けにクレジットカードを発行している会社)が行っているサービスです。

もちろんタイバーツ決済で、また日本人顧客も多いことから、日本語でのサポートもされていることも我々からしたら非常にありがたいですよね。

 

それではカードの詳細や特典、申込方法などをお話します。


スポンサーリンク

 イオンロイヤルオーキッドプラスプラチナカード

タイ航空のマイルを貯めたい方にオススメ!

VISA,JCB

提携先

タイ国際航空(Thai Airways)

年会費(税別)

本会員 3,000バーツ

家族会員 1,500バーツ

今ならwebからの申し込みで初年度入会費無料(18.4.11現在)家族カード除外

AEON Happy Reward

20バーツ=1ポイント=1ROPマイル(タイ国際航空のマイル)

ROP(Royal Orchid Plus)への交換のみ

主なカード特典

スワンナプーム国際空港内のロイヤルシルクラウンジが年2回無料で利用可能

タイ国際航空との連携プロモーション多数

毎月1日・15日のイオンデーは、MaxValu・MaxValuタンジャイでの買い物が5%OFF

 

イオンゴールドカード

JALのマイルを貯めたい方にオススメ!

VISA,JCB,MASTER

 

年会費(税別)

本会員 500バーツ

家族会員 250バーツ

今ならwebからの申し込みで年会費永年無料(18.4.11現在)家族カード除外

AEON Happy Reward

20バーツ=1ポイント

JMB(JAL Mileage Bank)へ交換可能

主なカード特典

キャッシュバックやお得な商品券の進呈などプロモーション多数

毎月1日・15日のイオンデーは、MaxValu・MaxValuタンジャイでの買い物が5%OFF

 

イオンクラブタイランドカード

とにかくゴルフが好きな方にオススメ!

VISA,JCB,MASTER

 

提携先

クラブタイランド

年会費(税別)

本会員 1,200バーツ

家族会員 1,200バーツ

AEON Happy Reward

25バーツ=1ポイント

JMB(JAL Mileage Bank)へ交換可能

主なカード特典

タイ国内123ヶ所のゴルフ場特別会員価格(最大50%OFF)

タイ国内のクラブタイランド加盟店500店舗以上で特別割引特典

毎月1日・15日のイオンデーは、MaxValu・MaxValuタンジャイでの買い物が5%OFF


スポンサーリンク

申込方法

①web申込

webから必要事項入力(スマホNG)後、申し込み完了画面から申込書をプリントアウトし、所定の欄にパスポートと同様のサインします。

申込書と必要書類を持って窓口へ行きます。

*webサイトは、イオンクレジットカードタイ とGoogleで検索すると一番上に出てきます。

②記入申込

クラブタイランド、イオンなどに置いてある紙の申込書に必要事項を記入し、申込書と必要書類を持って窓口へ行きます。

*申込には、2つの方法がありますがどちらにせよ書類を持って、窓口へ行かねばなりません。日本の様に、オンライン上で解決!というわけにはいきません。

 

③提出先窓口詳細(イオンタナシンサップ主要支店)

  • Terminal 21 支店 LG階(営業時間:10:00-21:00 無休)
  • Central World 支店 4階(営業時間:10:30-20:00 無休)
  • Silom Complex 支店 4階(営業時間:10:30-21:00 無休)
  • AEON Sriracha Shopping Center 支店 1階(営業時間:平日 10:00-19:00 土日祝 9:00-18:00)

申込基準、必要書類

本会員

※全てのコピー書類にはパスポートと同じサインが必要

→青いボールペンでサインをしましょう!

  • タイ在住
  • タイの労働許可書(ワークパーミット)所持者
  • 満20歳以上
  • 日本に連絡先がある方

 

【必要書類】

  1. パスポートのコピー(顔写真、最新の滞在期限が記載されているページ)
  2. 労働許可書(ワークパーミット)のコピー(顔写真のページを含む記載のある全てのページ)
  3. 給与明細、または給与証明書(発行日が3ヵ月以内)
  4. 銀行通帳のコピー(口座名義人のページ、直近履歴、入出金履歴6ヵ月分)
  5. 登記簿謄本、納税証明書のコピー(自営業の方のみ)

 

家族会員

  • タイ在住
  • 本会員と同じ姓であること

 

【必要書類】

パスポートのコピー(顔写真、最新の滞在期限が記載されているページ)


スポンサーリンク

入会審査

もちろん、タイでもクレジットカード入会時に審査があり、収入や勤続年数、社会的地位で作れるカードが異なってきます。

また、現在のタイは、一昔前の様に誰でもクレジットカードや銀行口座を作れるというわけではなく、銀行口座ですら、ワークパーミットがないと開設できないというルールがあり、厳しくなってきています。

一般的にタイで働く外国人は、現地人よりも収入はあるはずなので、比較的クレジットカードは作りやすいといえます。

とはいえども、収入の安定しない外国人やタイ在住歴が浅い外国人、信用がない外国人には発行されないので、審査落ちした場合は、収入もしくは勤続年数で弾かれたと思って、日を空けてから再度申込してみるといいと思います。

 

審査の目安としては、就労ビザとワークパーミット、銀行口座を取得してから、6ヵ月程度タイの会社で働いた実績があれば審査に通るといわれています。

ですので、タイで就業を開始してから半年程経過した時に一度申し込んでみてはいかがでしょうか?

 

【イオンクレジットカード申込~発行まで】

審査期間含めて、登録先の住所に2週間~1ヵ月で届くと思います。

 

まとめ

本日紹介したイオンクレジットカードですが、タイ在住の日本人で持たれている方は非常に多いですね!イオンブランドということで安心があるからでしょう。

 

この3種類のイオンカードですが、カードにより交換できるマイルの種類が違いますが、全て航空会社のマイルに交換できるという点が非常に優れていますね。

例えば、ロイヤルオーキッドプラスプラチナカードは、20バーツで1マイル(タイ航空)貯まるので、全ての支払いでカードを使って月5万バーツ払ったとすると・・・

50,000バーツ×12ヵ月=600,000バーツ → 30,000マイル GET

30,000マイルあれば、タイ~シンガポール、クアラルンプール、ホーチミン、プノンペンのどれかの往復航空券に交換可能(25,000マイル)

*ちなみにタイ~日本の往復航空券は、45,000マイル必要。

 

タイのクレジットカードなので、為替の差も出ず、使った金額だけが口座から引き落とされるので、現金を使っと時と比べても損得はないですよね。

これは、知ってればお得!この金額を現金でなくカードで支払うだけで、無料でシンガポールに行けちゃうわけですからね!こりゃ~、作るっきゃないですよね!!

 

また、クラブタイランドは、タイでゴルフをする方は入会されている方が多いと思いますが、クラブタイランドカフェで、クラブタイランドカード(クレジット無)を作るならば、上記のイオンクラブタイランドカード(クレジット有)を作った方が便利でお得(特典はほぼ同じで、1年会員2,653バーツに対し、年会費1,200バーツと半額以下)です。

*クラブタイランドに関する記事はこちらを参照下さい。

タイはゴルフ天国!日本との違いと【クラブタイランドのメリット】話します!
サバイディーマイ?どうも!白鳥(@shiratori_dai)です!本日の内容は、タイでの「ゴルフ」のお話となります。 タイと言えば、ゴルフ天国!!日本よりも安価にプレ...

 

皆さんがご自身で貯められているマイルの航空会社や、その他目的についても違うと思うので、他の特典や年会費もじっくり見比べてみて、良いと感じたら、是非一枚作ってみてはいかがでしょうか?

きっと、生活がより豊かに、便利になると思います!

それでは、本日はこの辺で。サワディーカップ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です