ラーメン好き必見!タイで【タイラーメン】を食べよう!種類・食べ方についてお話します!




サワディーカップ、白鳥(@shiratori_dai)です!

中々記事を書く時間が無く、前回の投稿から結構日が経ってしまいました…。ブログを辞めた訳では、ありませんので悪しからず。

少し落ち着きましたので、また日々、記事を更新していきたいと思いますので、皆様宜しくお願い致します。

 

さて、今日は私の大好きなラーメンを【タイラーメン】に焦点を当てて、お話したいと思います!


スポンサーリンク

タイラーメンについて

タイラーメンと言えば、タイの屋台料理で絶対に外せない一品。

タイ語では、ラーメンを クイッティアオと言います。

 

屋台で食べると、相場は1杯50バーツ前後で、満足度は高いと思います。

麺やスープの種類が豊富なので、屋台で自分流にオーダーできるところがタイラーメンの楽しいポイント。

日本のラーメンの様に茹でるのに、3分もかからず、タイはスッと茹で上げるだけなので、注文してからすぐに提供されるところも嬉しいところですよね!

それでは、私が知る範囲ですが、麺やスープについてお話したいと思います。

 

麺の種類

①センヤイ・・・最も幅の広い麺。幅は1~2cmくらいあります。

麺の中で、センヤイのみ生麺で、炒めたり、餡かけにしたりして食べられることも多い。

 

②ウンセン・・・日本で言う所の、春雨です。

この麺(春雨)を使った、タイ風春雨サラダ「ヤムウンセン」が美味しく、タイでは人気があります。

 

③センミー・・・麺の中でわずか幅数mmの最も細い麺です。

食べる時、スルスルーと口に入っていく様な食感です。

 

センレック・・・麺の中で幅2mm程度の中間の太さの麺です。

パッタイ(焼きそば)や汁麺にも用いられて、一番使い勝手の良い麺です。

個人的には、米麺の中では、一番おすすめです!

 

⑤バミー・・・小麦で作られたモチモチの中華麺です。

色も見たら、お分かりですが、日本のラーメンに入っている麺です。

 

実はタイの麺、バミーのみが小麦麺で、他は米麺です!

なので、日本人にとったら、馴染のある小麦麺のバミーがしっくりくるかもです!

 

スープの種類

①ナームサイ・・・クイッティアオの中で一番オーソドックスなスープです。

色は透明で、非常にあっさりしており、全く辛くないです。濃い味派の方は、自分で調味料を使って味付けをしないと、少し物足りないかもしれません。

 

②ナームトック・・・牛や豚の血入りの赤黒いスープです。

血入りなので、スープの色が赤黒くて少しグロテスク。。一応、火が通っているので大丈夫だとは思いますが、心配な方は食べない方がいいかもしれません。一方で、少し甘味と深みのある味で、ハマる人が続出しているのも事実。ちなみにタイ人はこのナームトックが大好きです。

 

③イエンタフォー・・・ピンク色のスープです。

紅腐乳(豆腐を紅麹に漬けて発酵させた腐乳)入りのスープで、色を見たら本当にピンクで仰天する人が多いかもしれません。このスープには、センヤイやセンレックなど太めの麺が用いられる場合が多いです。見た目は、甘そうですが、食べてみると程良い酸味があり、見た目以上にいけると思います。

 

④トムヤム・・・オーソドックスなナームサイに、唐辛子・ピーナッツ・ライムなどが入れられたスープです。

味は酸っぱ辛く、いかにもタイの味といえるスープです。

 

⑤ヌアトゥン・・・濃い茶色のスープです。

醤油ベースでスープの色の割に甘味のある中華風のスープです。

牛肉・豚肉・鶏肉を入れるのが、一般的です。

 

種類は、もう少しあるような気がしますが、代表的なスープはこれらの5つだと思います!

 

食べ方

タイ料理を提供する屋台やレストランには、必ずと言っていい程、四種の神器「①砂糖・②魚醤(ナンプラー)、③唐辛子、④酢」が置かれています。

 

クイッティアオの味付けは、元々は薄めなので、各自が調味料で調整して食べるのがタイ流のラーメンの食べ方です。

私は、辛い物が好きなので、唐辛子だけをドボーッと入れますが、タイ通の方の食べ方を見ると、全種類入れられています(゜o゜)

中でも砂糖を入れる所に驚いてしまいましたが、その方曰く、砂糖を入れるとまろやかになって味わい深くなる とのことでした。

まだ私には少し理解できませんが、砂糖をクイッティアオに入れて味を整えている方は、相当タイレベルが高いと思います。。

まずは、調味料を少しずつ入れてみて、味の調整にチャレンジしてみて下さい!!

 

まとめ

今回紹介させていただきました、クイッティアオは、いかがでしたでしょうか。

色んな種類があって、自分でカスタマイズできて、手軽に食べれていいですよね!

タイに来たら、屋台を覗いてみてください!

スープを仕込んでいて、麺が何種類かあれば、それはラーメン屋さんです。ラーメン屋さんは、黄色の屋台が多いです。

あなたも好みのラーメン屋さんが見つかるといいですね。

是非、タイのクイッティアオ一度、お試しくださいね!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

2 件のコメント

  • ウンセンは米粉の麺ではなく豆由来のデンプンなどから作られます
    また「クイティアオ」は米粉の麺の総称ですので、ここではセンヤイ・センレック・センミーの3つだけがそれに当たります

    • よろしく様、コメント頂き、誠にありがとうございます。
      ウンセンの件、ご指摘いただき、ありがとうございます。
      勉強不足で申し訳ございませんでした。。
      今後とも当ブログを宜しくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です