タイのクレジットカード・デビットカード・ATM事情お話します!




サバイディーマイ?どうも!白鳥(@shiratori_dai)です!

本日の内容は、タイにおける「クレジットカード・デビットカード・ATM」のお話となります。

 

クレジットカードは、使用することでマイルやポイントが貯まるものがあったり、割引が適用されたり、様々な付帯サービスがあったりと、お得になるものがありますよね。

また、最近、海外においても普及率が高まっているデビットカードも余計な現金を持ち歩かずに済むので、大変便利ですよね。

海外にいたら、いざという時のために、クレジットカードとデビットカードをそれぞれ1枚ずつは持っておきたいところ。

それでは、タイにおいても生活を豊かに、また便利にするために欠かせないカードとATMについてお話をしたいと思います。

本日もお付き合い宜しくお願いします。


スポンサーリンク

クレジットカードについて

自分のサインやPIN CODEのみで支払いを済ますことができて、現金を持ち歩くことの必要のないクレジットカードは、海外生活をする上で心強い味方です。

海外(特に欧米諸国)では、カード=信用というニュアンスが日本よりも大きいのではないでしょうか。

 

タイにおいても、ホテルやレンタカー等、何かを借りる際には、信用情報として身分証としても役に立ちます。

タイもクレジットカード文化がどんどん進んできており、バンコクの都心部ではカード払いをするタイ人を多く目にします。

 

クレジットカードが使える場所・使えない場所

 使える場所

ホテル、デパート、レストラン等の観光客が多い場所

使える場所の扉やレジの周りに「we prefer VISA card」やカードOKの表記がある場合が多いです。

最近は、コンビニエンスストアでも使えます。

※セブンイレブンは、ミニマム300バーツからカード使用可能という縛りがあります。ファミリーマート等の他のコンビニは、分かりません。

 

また最近は、ゴルフ場においても使えるコースが増えてきています。ただ、カードが使えてもキャディーフィー(300~400バーツ)だけは、現金で支払いを求められる所が多いです。

また、キャディーフィーとは別に、ラウンド終了後にキャディに直接払うチップは、必ず現金です。

 

 使えない場所

市場、屋台、露店、個人商店、郊外の街、タクシー等

明らかにカードが使えなさそうな風貌のお店は、使えません。笑

タイのタクシーも現金のみなので、注意が必要です。

 

注意事項

現金を持っておく

タクシー、チップ代、露店に欲しいものがある、等予期せぬ支払いが発生する可能性があるので、少額の現金は必ず持ち歩くようにすべきです。

 

カード明細をこまめに確認する

カードので支払い時には、しっかりと金額を確認し、利用控えを保管して、後日明細を必ず確認しましょう。(本人に過失がない限り、万一の不正の利用も補償されます)

 

カード使用場所の判断

怪しいお店だと、スキミングをされる可能性もありますので、「ここではカードを使って大丈夫」と自分で判断するようにしましょう。

 

為替を見てカードか現金支払いの判断

19年3月現在の為替が1バーツ≒3.5円です。

円安状況ですので、バンコク市内のレートの良い両替所で換金し、その現金で支払いをした方がいいかもしれません。(カードの支払いは、銀行レートが適用され、両替所よりも一般的にレートが悪い為)

 

タイで一番強いと感じるカードブランド

私がタイで一番強いカードブランドだと感じるのは、VISAです。

 

クレジットカードが使えるほとんどのお店で使うことができます。

万が一のトラブル時の海外旅行保険も付帯で付いているカードもあるので、やはりVISAは、一枚持っておくと大変心強いです

特にVISAのゴールドカードは、海外旅行保険の補償金額が大きいので、オススメです!私も三井住友VISAカードを愛用しています。

三井住友VISAプライムゴールドカード キャッシュバックキャンペーン

三井住友VISAカード 入会キャンペーン実施中!

 

デビットカードについて

現地のATMで日本の口座から直接現金を引き出すことができる非常に便利なカードです。

大きく分けて二つの使用方法があります。

 

現金の引き出し

現地で現金を引き出す場合は、その時のレートで自動的に計算され、現地通貨を引き出すことができます。

※引き出しには、ATMの銀行により異なりますが、手数料(300バーツ程)が掛かるので、少額を何回も引き出すよりも一回でまとまった額を引き出した方がベターです。

 

お店での支払い

クレジットカードと同様に、デパートやレストランでの支払い時に使う方法もあります。この場合も、その時のレートで計算され、日本の口座からその場で引き落とされます。

 

私もデビットカードを保持しておりますが、万が一バーツが足りない時、クレジットカードの様に支払いを先に延ばしたくない時に使う時には非常に便利です。

デビットカードは、タイだけでなく、日本や他の海外でも使える所が多いです。


スポンサーリンク

ATMについて

ATMは、路上、デパート内、地下鉄構内、空港内、銀行内とバンコク市内の至る所に設置されています。

ATMの表示も日本語に対応している銀行が多いので、操作も戸惑わずにできると思います。

日本語表示可能なATM

(色は銀行のイメージカラー)

・Kashikorn bank(カシコン銀行)

・Bangkok bank(バンコク銀行)

・Siam Commercial bank(サイアム商業銀行)

・Krungsri bank(クルンシー銀行)

 

(一部非対応機種も有り)

利用には、必ず暗証番号(PIN CODE)の入力が必要なので、事前に確認しておく必要があります。(所定回数を間違えると、取引停止になるカードも多い為)

キャッシングの利用可否、限度額についても事前の確認をおすすめします。

VISA等が付いたカードがあれば、両替所が閉まった夜間にもバーツを引き出すことができ、非常に便利です。

 

写真の下のオレンジ部分のVISA、VISA PLUS、Master card、JCB等のマークが目印です。

この表記があるATMでは、クレジットカード、デビットカード、海外プリペイドカードを利用することができます。

 

ATMで現金を下ろす方法

  1. カードを挿入し、暗証番号【PIN CODE】を入力します。
  2. 言語選択画面で日本語を選択します。
  3. 引き出し【withdrawal】、ファストキャッシュ【fastcash】を選択します。
  4. デビットカードやトラベル・プリペイドを使用して現金を引き出す場合は、普通口座【saving】を選択、クレジットカードのキャッシング機能で現金を引き出す場合は、クレジットカード【credit】を選択します。
  5. 引き出したい金額を選択もしくは、入力し、実行【enter】を選択、誤っている場合は、訂正【incorrect,cancel】を押します。
  6. 現金が出てきますので、現金を取り出します。
  7. 最後に取引明細の画面が出ますので、明細の発行をする場合は、【Yes】を選択、発行しないならば【No】を選択します。
  8. 全ての取引終了後に忘れずに、カードを取ります。

※タイのATMは、現金が先に機械から出てくるので、その後に出てくるカードの取り忘れには、十分な注意が必要です。

 

海外で現地通貨を引き出せる「NEO MONEY」の魅力

  NEOMONEY

世界各国の現地通貨を現地ATMで引き出したり、ショッピングができる安心で便利なプリペイドカード

海外でクレジットカードやデビットカードを使用して現金を引き出すことに対して、どうしても抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか。

 

そこでお勧めしたいのが、クレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】

クレジットカードではなく、なんとプリペイドカードなのです。

国内・海外のVisaまたは銀聯加盟店でのショッピングや 海外ATMでの現地通貨引き出しなど、 世界各国で便利に使えます。

  • カードが届いたら、スグ利用開始可能。面倒な口座開設や、カード受取後の手続き等は一切不要。
  • 入金(チャージ)額の範囲内でしか利用できないので、使い過ぎの心配がない。残高は日本円管理で、最新の為替レートで 自動変換されるので、レートを気にする必要もない。
  • 手数料は使った分だけ&為替レートもお得。入会金・年会費や、口座維持手数料等は一切無料。カードに申し込み・入金(チャージ)すれば、 一切手数料は不要。
  • 留学や修学旅行にも最適。留学や修学旅行等で、お子様が海外渡航される時、多額の現金を持たせるのは不安。 13歳以上から持てるNEOMONEYなら、 本人に代わって家族が入金(チャージ)可能。
  • NEOMONEYは、無くした場合でも安心。NEOMONEYは、カード盗難・紛失時も、 24時間365日運営の「紛失・盗難デスク」にて対応可能。

いかがです?クレジットカードとはまた一味違う、メリットと安心感がありませんか?

 

クレジットカードではなく、審査もないので、ほぼ誰でも入手可能です。

海外旅行が近づいてきて、クレジットカードの使い過ぎや海外での使用に不安を覚えられている方は、クレディセゾンのプリペイドカード【NEOMONEY】を一度検討されてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

以上、タイのクレジットカード事情、ATMの使い方をお話しましたが、お分かりいただけましたか?

タイでもクレジットカード、デビットカードが普及し、カード社会化がどんどん進んでおります。

 

*タイで作ることができる、私のおすすめのクレジットカードに関する記事はこちらを参照下さい。

タイで人気でお得な【イオンクレジットカード3種類】詳細と申込方法を解説します!
タイに移住したら、為替問題があるので現地通貨で決済可能な現地のクレジットカードを1枚は持ちたいですよね? でも、どのカードがいいのか分からない!という方に...

 

*タイにぴったしの「エポスカード」に関する記事はこちらを参照下さい。

おすすめクレジットカード!【エポスカード】は、タイにぴったりのクレカだった!
サバイディーマイ?どうも!白鳥(@shiratori_dai)です!本日の内容は、タイで大変役に立つクレジットカード「エポスカード」のお話となります。 海外(タイ)で役...

 

私もバンコク銀行のキャッシュカードを持っていますが、デビットカードとしても使えて、とても便利です。

また、登録をすれば、日本の様にインターネットバンキングのサービスも利用でき、携帯電話からも残高照会や振込も可能です。タイのテクノロジーもどんどん進んできています。

今後もクレジットカード、デビットカードと上手く付き合って、生活をより便利にしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

6 件のコメント

  • 丁寧な説明で非常に分かりやすかったです。こちらの記事を見ることで、現地でデビットカードでタイバーツを無事引き出すことができました!ありがとうございました!

    • タイ大好きマン!様
      コメントいただき、誠にありがとうございます。
      私のブログを参考にして頂き、デビットカードをタイで使えたということで
      私も大変嬉しいです。
      今後とも宜しくお願い致します。

  • こんにちは
    JNBのVisaデビットカードでセブンイレブンでの買い物の支払いをしてみようと思っています。
    ATMでお金(タイB)を引き出すのに220Bかかってしまうので、そのままカードで支払えば費用が抑えられるとゆうことで良いのでしょうか?
    手数料は100Bの買い物に対していくら位かかるのでしょうか?
    教えていただけると嬉しいです。宜しくお願い致します。

    • mumui様
      こんにちわ。コメントいただき、ありがとうございます。

      ご質問いただきましたデビットカードの手数料についてですが、私はUFJのVisaデビットカードを使用しております。
      UFJのVisaデビットは、Visaの為替レートに海外事務手数料として3.0%がかかります。

      JNBのVisaデビットも海外ショップ利用ですと、海外事務手数料として3.02%かかる模様です。
      よって、100バーツの買い物をすると、手数料として約3バーツ程かかります。
      (セブンでのカード利用は、ミニマム利用が300バーツからです。)
      高い買い物をすると、その分手数料が高くなりますので、高くない買い物でしたらデビットカードを
      でお支払いをされた方がお得かと思います。
      https://faq.japannetbank.co.jp/faq_detail.html?id=42953
      JNBのホームページに書いてありました!私もJNBのデビットカードは、持っておりませんので一度こちらをご確認ください。

      • shitatori 様
        こんばんは
        詳しくお答えいただきありがとうございます。
        安心してチャレンジする事ができます。
        タイでの日常をより快適に過ごせるように頑張ってみます。

        • mumui様
          ご返信ありがとうございます。

          こないだブログにも書きましたが、実は初めてデビットカードのハッキング被害にあい、無断で使用されてしまいました。

          デパートやセブンなどのしっかりした場所での使用は大丈夫だと思いますが、怪しい場所での使用は、くれぐれもご注意くださいませ。
          mumui様も快適なタイ生活をエンジョイされて下さいね(^^)
          今後も当ブログをよろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です