祝【令和元年】到来!タイにいても新元号に対して、尊く感じます!




 

サバイディーマイ?どうも!白鳥(@shiratori_dai)です!

2019年5月1日から元号が変わるといわれており、世間では、元号に対する様々な憶測が飛び交っていましたが、ついに決まりましたね!

そして今日は、ついに元号が変わる日。

「令和」

令和の歌をリリースした歌手などもいるそうで、日本は時代の転機を迎えていますね。

 

いや~、本当に今日という日は、歴史的瞬間です!!

タイにいても日本人として、令和に変わり日本はこれからどういう方向に向かっていくのか、経済の動向はどうなっていくのか、などと非常に気になっています。

今日は、日本のニュースは、令和で持ち切りでしょうね!

 

昨日、天皇陛下様が1989年1月7日に即位されて以来、30年3ヵ月あまりの「天皇としての旅」を終え、退位されました。

私も日本国民として、敬意を払い、新たな気持ちで令和を迎えたいと思います。

記念すべき令和元年初日は、せっかくですので令和について記事を書きたいと思います。

 

平成よ、今までありがとう!令和よ、これからよろしく!

それでは、本日もお付き合い宜しくお願いします。


スポンサーリンク

令和元年到来!!

2019年5月1日新天皇様の即位に伴い、4月1日午前11時41分に菅官房長官より、新元号の発表がありましたね。

白鳥
そして、ついに本日、令和元年になりましたね!

 

そもそも令和とは?

日本最古の歌集、万葉集」梅花の歌から採用されている。

梅花の歌の中に「初秋の令月」という言葉あり、令月とは、何をするにもめでたい月という意味がある

 

実は、元号に日本の古典から採用されたのは令和が初めてで、これまでは中国の古典から採用されていました。

元号の漢字については、「和」はこれまで元号として19回も採用されていますが、「令」という文字は、初めて元号で採用されました。

 

令・・・立派、清らかで美しい、めでたい

和・・・おだやかな、争いごとがない

 

それらの漢字の意味から読み解くと、おだやかで、めでたい年 というような意味合いになります。

また、日本最古の和歌集「万葉集」からの出典なので、政府としては、改めて、国民皆で日本古来の尊さを重んじよう!という思いもあるのかもしれませんね。

 

新元号に関して思うこと

まず、率直に感じることとして、昭和生まれの私ですが、昭和ー平成ー令和という3世代を生きることができたことは、中々できない貴重な体験ができたと感じます。

 

元号が変わることによって、私自身の生活が大きく変わるということはありません。

しかしながら、気分新たに自分自身を見つめ直したり、仕切り直す良い機会なのではないかと思います。

平成でできなかったこと、挑戦したいと思っていることに対して、目標を掲げて一気に走り出してみてはどうかな、と思います。

自分で言ったからには、私も目標をここに宣言させていただきます!

 

【私の目標】

・ポジティブに生きる

・交友関係の拡大

・外国語の習得

 

ポジティブに生きる

私自身30代後半に差し掛かる年齢ですが、メンタルが弱く、すぐに物事をマイナスの方向に考えてしまいます。

・仕事でミスが続くと、「やばい!クビになるかも。転職サイトに登録だ!」

・体調が悪いと、「これは、大きな病気かもしれない」

・人と話す時、「これを言ったら、相手が気持ちを害するかも」

 

などと、最近は人として、大人として弱っちい存在であったと思います。

ドーンと構えて、困難だろうが何だろうが、向かってきたまえ!というマインドを目指していきたいです。

 

交友関係の拡大

タイには、心を許して話せる親友という存在はもちろんのこと、友人と呼べる友人すらいません。

元々相手に対して気を遣う性格なので、相手の気持ちを考えすぎるあまり、(特にタイに来てから)コミュニケーションをとることがおっくうになってしまいました。

要するに、自分の殻に閉じこもってしまいました。

 

唐突ですが、在住者は、ゴルフを趣味とした方が多いのではないでしょうか。

私の場合、ゴルフに行ってもそれは全て会社関係の方。言葉を選びますし、心から楽しむことは難しい。

ゴルフに行っても、人と出会ったところで大きく仕事に繋がったり友人になれたことは少なかったし、ゴルフ1回の出費も約1万円とかなりの痛手。

そうなると、「ゴルフ=あんま意味ないんじゃね?」となってしまい、毎日会社と家の往復をし、休日は家族と過ごすだけで、交友関係が広がる余地がなくなってしまいました。

 

タイに来た当初は・・・

白鳥
交友関係バリバリに広げて、グローバルなスーパーサラリーマンになったるわ!

 

ぐらいの気合がありました。

が、月日が経つにつれ、その気持ちは薄れていき、「それでは、いかんな」と分かりつつも、ズルズル来てしまいました。

ですので、この考えは平成で終止符を打ち、令和からは、社交的なサラリーマンを再度目指していきたいと思っています。

 

言語の習得

恥ずかしい話ですが、タイ語は、日常生活に支障をきたさないレベルで、英語は英検2級があるも、TOEICは700点に届いてないレベルです。

住み始めた当初は、語学学校に通い、タイ語と英語を必死に勉強していました。

ですが、生活ができるレベルに到達すると、変な自信がつき、勉強を辞めてしまいました。

 

令和からは、この意味不明な自信を捨てて初心に返って、英語を重点的に再度勉強したいと思います。

人生何が起こるか分からないので、将来の転職のためにも、赴任をしていたということをアピールするためには、TOEICである程度のスコアを残しておきたいと考えています。

 

まとめ

2020年には、東京オリンピックも開催されますし、令和を迎えた日本がこれからも盛り上がって、良いニュースが増えると嬉しいですね!

 

また、この場を借りて、令和からの目標を3つ立てさせていただきました。

目標を立てることは簡単ですが、それに向けて努力を継続できるかどうかが非常に重要です。

ブログに書いた決意が嘘にならないよう、まずは小さなことから取り組んでいきたいです。

 

ブログに関しても、白鳥ブログを開設してから1年半が経ち、ブログをもっと頑張ろう!と最近になって思うようになり、生活の一部となってきました。

この気持ちを忘れず、令和に入ってもブログを続けていきたいと思っています。

 

いつも、私のブログにご訪問いただき、誠にありがとうございます。

皆様に読んでいただけることが私のモチベーションにつながっています。

今後も当ブログをご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。

令和元年 5月1日 白鳥 大

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です