タイでメイド(アヤ)さんをお考えの方へ!我が家のアヤさんについて!




サバイディーマイ?どうも!白鳥(@shiratori_dai)です!

本日の内容は、タイのお手伝い「メイド(アヤ)さん」のお話となります。

 

1年間は、アヤさんをお願いせずに暮らしていましたが、知人からアヤさんを紹介してもらったことを機に、我が家もアヤさんにお世話になっています。

お世話になるまでは、アヤさんの仕事内容やどういう人なのかが、まったく分からずに不安もありましたが、今は安心して家に来てもらっています。

「最近タイの仕事が忙しいし、アヤさんをお願いしようかな?でも、アヤさんって何をやってくれるのだろう?」という疑問をお持ちの方の少しでも参考になれば幸いです。

それでは、本日もお付き合い宜しくお願いします。


スポンサーリンク

メイド(アヤ)さんについて

タイの日本人社会では、一般的にメイドさんのことを「アヤさん」と呼びます。

 

白鳥
簡単に言うと、お手伝いさん。家事代行・ベビーシッターですね!

 

アヤさんという名の由来には諸説あるということで、私も調べてみましたが、真偽が分かりませんでしたので、気になった方はググってみて下さいww

タイ語では、メイドさんをメーバーン(メー:母、バーン:家)と呼び、タイの一般家庭にいても、おかしくありません。特に実家から離れ、共働きの家庭にはありがたい存在ですよね。

 

疑問の一つである、アヤさんの出会い方として、幾つか挙げられます。

  1. 知人から紹介してもらう
  2. (駐在員の場合)前任者から引き継ぐ
  3. 不動産の管理人に依頼する
  4. 現地フリーペーパーやネットから見つける

 

全く見ず知らずの人に依頼するのは心配ですので、個人的には、安心を取るという意味でも、知人が依頼している方を直接紹介してもらう方法がベストだと思います。

 

アヤさんには、通い形態と住み込み形態があります。周囲の話を聞いても通いを選択されている方が多いです。

住み込みは、多少たりとも抵抗がある方が多いのかもしれませんね。。我が家も通いでお願いしています。

それでは、我が家のアヤさんをご紹介!!

 

我が家のアヤさん

人柄

  • タイ人女性で、年齢は50歳前後

 

仕事をお願いする際、予定を確認する際のやり取りは、日本語でできる程に日本語が上手。

綺麗好きな方でアヤさん経験が長く、テキパキと仕事をこなしてくれています。

また、子供が好きな性格で、3児の母親ということもあり、子供をあやしたり、寝かせつけることも上手だそう。

子供がいれば、面倒を見てくれている間に、買い物に行けたり自分の用事ができるので、非常にありがたいですよね。

 

仕事内容

我が家がアヤさんに、お任せしている仕事についてお話しします。

 

【仕事内容】

  • 床掃除(掃除機&モップがけ)
  • お風呂掃除
  • トイレ掃除
  • 食器洗い
  • キッチン周り掃除
  • ベッドメイキング
  • 洗濯
  • アイロン
  • ゴミ捨て

 

妻曰く、とても助かっているのが、床掃除&トイレ掃除&風呂掃除とのこと。

お願いしているアヤさんは、かなり綺麗好きなので、アヤさんが来た日に家に帰ると、ピカピカになっているので「今日来てくれたんだ。」というのが分かります。

子供がいる家庭ですと、子供のこともお願いできますね。また、食事を作ってくれるアヤさんもいるそうです。

 

頻度

頻度は、2~3時間(週1回)です。

曜日と時間は、基本的に固定です。

ですが、アヤさんは、幾つもの家庭を掛け持ちしての仕事ということもあり、お互いのスケジュールが悪くなったら、都度調整しています。

 

費用

費用は、1ヵ月で2,500バーツ(≒9,000円)支払っています。

月に4回来てくれるとしたら、1回あたり625バーツ(≒2,250円)です。

日本語が話せるので、一般的な相場よりも価格は、高めだと思います。

タイ語オンリーで意思疎通が上手くいかないことを危惧し、日本語が通じる方にお願いしています。

知人が実際に依頼していて、紹介してもらったアヤさんなので、実績もあるので、信用が置けています。

 

お給料については、「手渡しで月の最後の回」に渡しています。

 

「渡した、渡してない」で後に揉めない様に、都度受け取りのサインをもらっています。

 

アヤさんを雇う際の注意点

  • 最初に契約条件を明示する

基本的には、個人と個人の契約となり、最初に契約条件を明示しておかないと、後々揉める原因となります。

具体的には、アヤさんの労働日数・労働時間・休日・給料・仕事内容ですね。これらさえしっかりしておけば問題ないでしょう。

不安な方は、念書にサインまでもらうとより良いと思います。

 

  • 貴重品をしっかり管理する

こんなことを言うのもあれですが、アヤさんと言えど他人です。

他人が自分の家に上がる訳ですから、貴重品の管理はしっかりしましょう。我が家は、貴重品ボックスに鍵をかけて、パスポートや現金を保管しています。

家の鍵があるので当然と言えば当然ですが、私か妻かどちらかがいるタイミングで来てもらっています。

 

  • 初回に家の中を説明する

それぞれの家庭で掃除用具の種類、数、置き場、掃除方法が違います。

初回にそれらを説明してあげると、次回からスムースになり、アヤさんがテキパキ動いてくれます。

大変かもしれませんが、初回に家の中を簡単に説明してあげることが必須です。


スポンサーリンク

まとめ

以上、アヤさんについてお話ししましたが、いかがでしたでしょうか。

アヤさんの働きが給料に相当しているかが、良い悪いを決める争点かと思いますが、我が家では、割と高めの金額を払っていますが、アヤさんの働きぶりに満足しています。

1年間は、アヤさん無しの生活でしたが、実際いてもらうと本当に助かります。

 

我が家は、週1回なので問題ありませんが、アヤさんが毎日いる生活に慣れることでのデメリットがあるとすれば、家事をやる気がなくなる可能性があることです。

アヤさんがいる生活が普通だと思い込んでしまい、日本に帰国した時に、家事をやらなくなる危険性があるということです。

この辺は、私も肝に銘じています。

 

身の回りのことをする余裕の無い方は是非、アヤさんを検討されてみてはいかがでしょうか。

それでは本日はこの辺で。サワディーカップ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です