【番外編ラオス④】ルアンパバーンに来たら絶対食べたいグルメ紹介します!




人生において欠かせない内の1つが『食』

 

私は、人よりも食べることに重きを置き、それを楽しみに日々を過ごしていますが、あなたはいかがですか?

美味しいものを食べられないとストレスになり、ストレスが溜まると美味しいものを求めてしまう。

 

う~ん、メタボスパイラルに完全に嵌っていますね…。

本ブログも5割程は食べ物の話。

お陰様でこの2ヵ月で体重+5kgです。ちーん 笑

 

それはさて置き、ルアンパバーンでも美味しいものがたくさんありましたので、それを紹介したいと思います!

本日もお付き合い宜しくお願いします。


スポンサーリンク

カオソーイ

ぶっちゃけ、ルアンパバーンで食べた中でコスパ・味・ボリュームの三点を考慮すると、一番私的に点数が高かったのが、このカオソーイ。

 

庶民料理なので朝市で、朝から食べるのが定番の食べ方。

 

値段は、なんと一杯18,000キープ(≒230円)肉みそたっぷりのピリ旨カオソーイが食べられるんですぞ!

この肉みそがまじでたまらん!白米にかけても絶対美味しいハズ!

見るからに辛そうな色のスープですが、そこまで辛くないのでご安心を。

 

2国間でのカオソーイの違い

カオソーイ(タイ)…カレースープで揚げ麺(肉入り)

カオソーイ(ラオス)…ピリ辛スープで太麺(肉ミンチ入り)

正直軍配は、、、

 

ラオスのカオソーイの方が私は好み!

日本人の口に合って、担々麺感覚で食べられると思います。

具は、豚の肉みそ の他に白菜、ネギ、もやしなどが入っていました。

 

日本のきしめんに近いかなりの太麺ですが、これが意外と合うんです。

ピリ辛スープと一緒に食べるとスルスル食べれちゃいました!

 

パン

ラオスは、過去にフランスの植民地時代があったという経緯があるので、ルアンパバーンにもフランスパンをはじめとした、美味しいパン屋さんがたくさんあります。

 

フランスパンサンド

ベトナムでいう、バインミーに近いサンドイッチです。

 

これは、originalで(食べた店の一番のオススメ)中に入っているフワフワの物体がよく分からず食べましたが、大丈夫、食べれました。

フワフワ入りも美味しかったですが、この後食べた、アボガド&チキンサンドの方が美味しかった!

 

フランスパン自体は、文句なしに美味しい。

焼き加減、食感共に素晴らしい。

 

あと皆さん、メニューや写真を見て?になったら、安パイを取りましょう!笑

 

フランスパンサンドは、屋台でも多く売られていて、その場で作ってくれます。

 

クロワッサン 他

カフェでのひと時。

美味しいパンの香りにつられて入った店のクロワッサンが、焼き立てでそそられました。色もツヤツヤして、良い色してますよね。

 

値段は、一つ11,000キープ(≒150円)ですね。

一つ食べてみましたが、サクッサクッで美味しかった!

 

パイ生地が多いですが、どれも色合いも良く、美味しいそうでした。

ただ、全部見た目通りすごく甘そう。笑 甘党の方は、これ見たらテンション上がっちゃうんじゃないでしょうか?

私は、クロワッサンだけでお腹いっぱいになりましたので見ただけです。笑

 

フレンチ

フランスパンと同じ理由でフレンチが美味しいので、フレンチを目当てにラオスに来る旅行者の方も多いのではないでしょうか?

 

スターターとして、チーズの盛り合わせを頼みました。

しかし、オシャレすぎて何が何のチーズなのかよく分かりませんでした。笑

ただ、トリュフチーズやブルーチーズは確認できましたが、ワインに合いました!

 

次に、サーモンのマリネ。

まず、盛り付けがオシャレすぎませんか?皿にあるソースもフレンチ流?で私にはよく分かりません。

 

一つ言えることは、サーモン美味しかった♡

ラオスは内陸地なので、サーモンは輸入だと思いますが、(まさかメコン川で獲れるわけないよね?)そこまで値段は高くなかったです。

 

そして、ブラータチーズ&生ハム。

生ハムが肉々しくて、ワインが進む味でとっても美味しかった!

 

※この他にメインとして、牛ステーキも食べましたが、牛のステーキは食感・味共に残念でしたので、割愛させていただきます。東南アジアで肉を食べるならば、豚をオススメします。

 

まとめ

ラオス(ルアンパバーン)には、美味しいものがたくさん溢れていることがお分かりいただけましたでしょうか?

 

先程も言いましたが、私のオススメは、なんといってもカオソーイ

安い!早い!旨い!の三拍子を満たしていました!

 

フレンチに関しては、2人でビールやワインを飲んでお腹いっぱい食べても、1万円出せば少しお釣りがくるという値段設定でした。

2万円程は、必要かなぁと思っていたので、想像以上に良心的でした。(店のランクにもよるかと思いますが)

 

また、市内にはフランスパンの路面店も多く、カフェでコーヒーを飲みながらパンをかじることができて、最高のブレックファーストをとることができます。

 

グルメ目当てでルアンパバーンに行ってみるのは、全然アリだと思います!

 

私もラオスに初めて行ってみて、分かったことがたくさんありました。

皆さん!百聞は一見に如かずです!

 

是非、一度世界遺産ルアンパバーンへ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です