タイカオヤイ其の壱:ワイン好き必見!超人気ワイナリー紹介します!(GranMonte グラモンテ)




タイにワイナリーが有名な地域があるとのことで行って参りました。

 

ワインと言えば、ヨーロッパが有名?ボジョレーヌーボーって美味しいんでしょ?というレベルのワインの味も種類もよく分からない私ですが、行ってみてとても楽しかったです!

 

それでは、今日はカオヤイとワイナリーについてお話させていただきます!


スポンサーリンク

カオヤイについて

カオヤイは、バンコクから北東に約160kmの所に位置します。

 

近年、家族連れでも賑わい、非常に注目を浴びている地域で、カオヤイは、タイの軽井沢と呼ばれている程で、ワイナリー、ゴルフ場、別荘地があり、避暑地として大変人気の極上スポットなのです。

 

バンコク市内では中々お目にかかることができない緑いっぱいの山、森林からはマイナスイオンをたっぷり感じることができます。

たまには都心を離れ、緑が見たい方には、大変おすすめの場所です!

 

実際にこの日の朝は、気温が17℃程しかなく、バンコクより10℃は低いので、羽織る物がないと風邪を引いてしまうんじゃないかのレベルでした。

 

この様に、タイの山間部は、バンコクの暑さからは想像できない程に涼しく、また昼夜の温度差もあり、水はけの良い土壌という特性がブドウの栽培に適し、1990年頃からワイナリーが増えてきました。

 

 

GranMonte asoke valley

アソークバレーにあるグラモンテは、ブドウの栽培からワインの製造、販売まで行い、国際ワイナリーコンクールでも数々の賞を受賞している大変有名なワイナリーです。

 

こちらは、グラモンテのメイン塔で、多数のワインやお土産を販売する売店とカフェが入っておりますが、洋風で大変おしゃれな造りですよね!

 

元々、家族経営で始まったワイナリーということで、現在は、ワイン造りをフランスとオーストラリアで学んだ娘さんが、主体となって、経営を行っている様です。

※実際にこの日は、お父様とお母様は、ワイナリー内でお目にかかることができましたが、大変ハイソな方でございました。

 

タイのブドウは、1~2月が収穫のベスト時期で、グラモンテは、その時期にブドウの収穫祭などのイベントやプロモーションを催し、地元の人にも愛されるワイナリーです。

 

ブドウ園

グラモンテのブドウ園は、海抜350メートルのアソークバレーに位置し、90ライ(144,000㎡、1ライ=1600㎡)という広大な敷地を有しております。

まさか、タイでブドウの栽培を見れると思わなかったので、敷地全体にたくさんの種類のブドウが栽培されていて、感動しました!

 

ブドウ園内には、NO ENTRY と書かれていますがきちんと写真スポットも用意されているので、この様にブドウを間近で写真をとることも可能です。

現在作られているブドウの種類は、シラー、カベルネソーヴィニヨン、シュナンブラン、ヴィオニエ、セミヨン、ベルデホ、デュリフ、グルナッシュなどがあります。

 

ワイナリー

こちらは、ブドウをアルコール発酵させる過程の設備で、フランス、ドイツ、イタリア、オーストラリア製のワイン製造設備を導入し、とても高い技術でワインが製造されています。

 

その結果、最大で年間120,000本のワインを製造する能力を有しています。

1日にすると、平均約330本のワインが製造されることになりますね!すごい能力!

 

さすが、色んな賞を取られているワイナリーだけあって、製造の品質には、かなりのこだわりを感じました。

 

グラモンテショップ(売店とカフェ)

グラモンテのメイン塔に入っている売店ですが、バラエティー豊富なワインが取り揃えられています。

 

価格もピンキリで(私が確認したところ)1本590バーツ~6,800バーツまでの赤ワイン、白ワイン、シャンパン、ロゼなどが販売されています。

 

また、グラモンテ限定のジャム、クッキー、サラダドレッシング、パスタソース、帽子、ポロシャツなども販売されており、お土産には困りません。

 

ノンアルコールとしてもブドウジュースが一押しで、1本70バーツでブドウ園を前にして飲めるフレッシュな果汁100%ジュースは必見です!

売店内外で販売されており、とっても濃厚でGoodでした( ´・ω・)

 

 

施設詳細

・バンコクから車で約2時間30分~3時間

 

住所:52 MOO 9, Payayen, Pansuk-Kudkla Street, Nakhon Ratchasima, Amphoe Pak Chong, Chang Wat Nakhon Ratchasima 30320

電話番号044-009-543

地図

 

 

まとめ

グラモンテですが、ワインがよく分からない私でも楽しめたので、ワイン通な方が行かれたら、めっちゃ楽しい所だと思います。

子供も結構来ており、ブドウジュースを喜んで飲んでいたので、家族連れで行っても楽しめると思います。

 

上で紹介したブドウ園の探索や売店以外にも、レストランも併設されており、参加型ワインツアーもあったりで一日過ごすことができる、一度は行ってみる価値のある施設でした。

 

ただ、カオヤイは、本当に寒いので、上着を持参されることを強く勧めます。

 

ワインツアーとレストランについては、別途ブログで記事にしたいと思います!

 

今日も読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です