【最新版】2020年1月時点でのタイ入出国カード(T.M.6)の記入内容




サワディーピーマイカップ!(タイ語:明けましておめでとうございます)どうも!白鳥(@shiratori_dai)です!

2020年(令和2年)が遂に到来しましたね!

 

今年は、待ちに待った東京オリンピックが開催されますし、日本は盛り上がる1年になりそうですね。

新年一発目のブログ内容は、「最新版のタイ入出国カード」のお話となります。

 

2017年12月にタイ入出国カードの記入内容について変更がありましたが、それは以前こちらの記事で触れています。

2020年1月頭にタイに戻ってきましたが、入出国カードが以前の様式と若干変わっており(内容に大きな変化は無し)、中国語や多言語での表記が追加されていました。

ちなみに、正月明けの東京からの便は、満席でした。

年明け早々、タイに入国する予定がある方は、要チェックですぞ!

それでは、本日もお付き合い宜しくお願いします。


スポンサーリンク

タイ入出国カード

概要

通称、T.M.6(イミグレーションカード)と呼ばれています。

水色の様式で、ビザの有無に関係なく、タイに入出国する人全員が記入して、税関に提出する義務があるカードです。

ARRIVAL CARDDEPARTURE CARDの二種類がありますが、1枚にまとまっていて、往路の飛行機の機内でキャビンアテンダントによって配布されます。

(※パッケージツアーを予約した方などは事前に旅行会社から配布されるケースもあります)

 

ポイント
・日本国のパスポートを持つ方は、観光目的で30日以内の滞在であれば基本的にビザは不要
・0歳児の赤ちゃんでも入出国カードの記入必須

 

2020年1月時点での実際のカード

【表面】

うっすら、折り目が見えると思いますが、

左➡タイ出国時に税関に提出するカード

右➡タイ入国時に税関に提出するカード

 

タイ入国時に、税関職員が出国時のカードを切り離してパスポートに挟んでくれます。

 

【裏面】

裏面は、チェックボックスにマークを付けるだけです。

(※出国用のカードの裏面は、税関職員が記入押印する枠しかないので、記入は不要です)

 

記入例

カード(表面)

※全てアルファベット記入

※左の出国カードと右側の入国カードを切り離さずに提出すること

※入国カードには裏面もあり、裏面も記入が必要

※Signature(署名)は、パスポートのサインと同様に記入

➡漢字ならば漢字で、アルファベットならばアルファベット

 

左側赤数字(DEPARTURE CARD)出国時に記入提出が必要なカード

①姓

YAMADA

②名、ミドルネーム(ミドルネームは無いなら不要)

TARO

③誕生日(日、月、年の順)

01 01 1980 

④パスポート番号

AA1111111

⑤国籍

JAPAN

⑥出国手段(便名を記入)

TG111

⑦署名

パスポートと同じサイン

 

 右側紫数字(ARRIVAL CARD)入国時に記入提出が必要なカード

①姓

YAMADA

②名

TARO

③ミドルネーム

ミドルネームは無いなら空欄

④性別(男性Male / 女性Femaleへチェック)

⑤国籍

JAPAN

⑥パスポート番号

AA1111111

⑦誕生日

01 01 1980

⑧入国手段(便名を記入)

TG111

⑨ビザ番号(無ければ空欄)

30日以内の観光の場合は空欄で可/B VISAなど所持している方は番号を記入

⑩職業

社長/経営者  PRESIDENT

会社員  OFFICE WORKER

公務員  GOVERNMENT OFFICIAL

主婦  HOUSEWIFE

学生  STUDENT

赤ちゃん  BABY

無職  NONE

⑪搭乗地

NARITA / JAPAN

⑫訪問目的(ビザが無ければ、HOLIDAYと記入)

HOLIDAY、BUSINESS

⑬滞在期間

2 WEEKS

⑭居住地(都道府県)

TOKYO

⑮居住地(国名)

JAPAN

⑯タイでの滞在先住所(ホテル名を記入)

AAA HOTEL SUKHUMVIT SOI55

⑰電話番号

111-1111-1111(日本の携帯番号で可)

⑱メールアドレス

AAA@AAA.co.jp(パソコンアドレス、携帯アドレス可)

⑲署名

パスポートと同じサイン

 

カード(裏面)

入国カードのみ、裏面もあり記入(レ点チェック)が必要です。

 

①フライト種別

チャーターで無ければ、scheduleにチェック

②タイは初めてかどうか

はい、いいえ

③団体旅行かどうか

はい、いいえ

④宿泊施設

□ホテル □友人宅 □ホステル □アパート □ゲストハウス □その他

⑤訪問目的

□観光 □会議 □スポーツ競技 □仕事 □報奨 □医学 □教育 □大会 □乗り換え □雇用 □展覧会 □その他

⑥年収
□2万ドル以下

□2万1ドル以上6万ドル未満

□6万ドル以上

□収入無し


スポンサーリンク

まとめ

以前の入出国カードには、英語表記しかなかったですが、中国語とアラビア語?が追加されていました。

それだけ、中国や中東からの訪タイ者が多いということでしょう!

改めて中身も確認しましたが、内容はさほど変わっていないですね。

 

入出国カードの記入に慣れていない方は、面倒だと思うかもしれませんが、未記入・記入モレがあるとタイに入出国できないので、必ず税関検査前までに記入しましょう!

上記の記入例を参考にしていただければ、何も難しいことはなく楽勝ですので、ご心配なく^^

 

それでは、今年もマイペースな更新になるかとは思いますが、少しでも読者様のお役に立てる情報を発信できればと思っております。

白鳥
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

謹賀新年  白鳥 大

関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です