【Hotel Nikko Bangkok体験記2】「the oasis」&「CURVE55」レビュー「PR」




サバイディーマイ?どうも!白鳥(@shiratori_dai)です!

本日の内容は、バンコク市内のホテル「Hotel Nikko Bangkok」のお話となります。

先日の記事で第一弾として、Hotel Nikko Bangkok & 「飛翔」を紹介させていただきましたが、本日は第二弾として、「the oasis」&「CURVE55」を紹介させていただきます。

 

簡単に説明すると、「the oasis」は、インターナショナルブッフェ、「CURVE55」は、アフタヌーンティーが楽しめるラウンジです。

ランチブッフェを楽しんでからの、アフタヌーンティーは至福のひととき間違いなしです!

現にこちらにそのコースを楽しみに来ているお客さんは、多いとのこと。

それでは、お付き合い宜しくお願いします。


スポンサーリンク

the oasis(6階)

 

the oasis

  1. インターナショナルフードのブッフェが好評
  2. ランチブッフェの海鮮丼&寿司が目玉

 

店内は座席数が多く、天井も高い造りのため、かなり広い空間に感じます。

 

the oasisは、インターナショナルフードなので、タイ料理、西洋料理、日本料理など様々なテイストの料理を食べることができます。

また、宿泊者の方は、朝食をブッフェタイプで食べることができます。

 

今回は、日曜日にランチブッフェをいただいてきました。

 

白鳥
それでは、ランチブッフェの内容を紹介させていただきます!

 

ランチブッフェ

人気の海鮮丼と寿司を一番にいただきました。

感動のあまり、軽く海鮮丼を3杯、サーモンを20貫は食べました!

 

特設ヌードルコーナーがあるので、クイッティアオの具材などを自由にカスタマイズできておすすめ。

 

特設パスタコーナーもあるので、麺の種類や具材、ソースを選んで自分好みの一品が作れます。

 

これでもか!といわんばかりに寿司の宝庫です。とてもいい写真だ!

 

サーモンが美しい。タイではサーモンが大人気!

 

新鮮な生牡蠣も食べ放題。

 

生牡蠣だけでなく、2種類のエビ(皮つき/皮なし)も食べ放題。

 

ブッフェといえば、サラダ!?新鮮なサラダも食べ放題。

 

マグロが入ったサラダがバンコクでは、珍しくてGood!

 

シーフードソテーやチキンソテーなどの一品料理も種類が豊富です。

 

オシャレなベーカリーもたくさん。

 

こちらは、和食のチキンカレー&白米。味噌汁、漬け物などもあります。

 

ケーキやアイスクリーム、マカロンなどのデザートもブッフェに含まれていて嬉しい!

 

アルコールに関しては、別料金ですが、凄まじい種類のお酒があります。ビールは、キンキンに冷えています!

 

このとおり、素晴らしいメニュー数と料理のクオリティーの高さが分かっていただけたかと思います。

 

噂どおり、海鮮丼と寿司は、神ってた。

 

料金・時間

  • 料金(月~土曜日) 700バーツ(税サ別)
  • 料金(日曜日) 1,590バーツ(税サ別)
  • 時間(月~土曜日) 12時~14時30分
  • 時間(日曜日) 12時~15時30分

 

※5歳以下のお子さんは無料で、6~12歳のお子さんは半額です。

※日曜日は料金が高いですが、こちらの料金にはプール使用金額も含まれています。また、メニュー内容も平日に比べ、少々異なります。


スポンサーリンク

CURVE55(1階)

 

CURVE55

  1. ホテルの1階(ロビー階)にあるロビーラウンジ
  2. アフタヌーンティーセットがおすすめ

 

白鳥
スクンビットソイ55の最初の曲がり道にあることにちなんで、CURVE55と名付けられたそうです。

 

パンやサンドイッチなどの軽食、ケーキやマカロンなどのスイーツ、コーヒーや紅茶などの飲み物をオーダーすることができます。

さすが日系!スイーツの甘さは日本基準で設定されているので、「甘すぎ、オワタということはない」ので、ご安心を。

 

人気のビーフカレーパン。(75バーツ/ヶ)

 

人気のニッコーチーズケーキ。(145バーツ/ヶ)

モンブランもおすすめとのこと。

 

程よく甘い8種類のマカロン。(45バーツ/ヶ~)

 

Hotel Nikko Bangkok特製お歳暮も販売されています。(期間限定:19年12月末まで)

PANPURIとコラボしたHotel Nikko限定スパグッズ(シャンプーなど)が目玉。

お歳暮は、小が2,500バーツ、大が5,500バーツで好評発売中!

 

ホテルロビーの席=CURVE55的な感じなので、利用時はどこに座ってもOKです。

カウンター席、ソファー席、テーブル席があり、座ってスタッフさんを呼ぶとメニューを持ってきてくれます。

メニューですが、、

 

白鳥
なんといっても、アフタヌーンティーセットが圧倒的におすすめ!

 

それでは、アフタヌーンティーセットをご紹介!

 

アフタヌーンティーセット

とても可愛らしいセットですね。

Hotel Nikkoのアフタヌーンティーセットは、「季節」により内容が異なります。

 

12~2月は冬バージョン、3~5月は春バージョン、6~8月は夏バージョン、9~11月は秋バージョンとなっており、現在は11月なので、秋バージョンを楽しむことができます。

見ていただくとお分かりですが、秋らしく、「赤系統の暖色カラー」がモチーフとなっています。

季節ごとに変化を楽しむことができるいいセットですね!

 

料金・時間

  • 料金① ティー or コーヒーセット 990バーツ(税サ別)/2人
  • 料金② スパークリングワイン or スパークリングカクテルセット 1,190バーツ(税サ別)/2人
  • 時間 12時~17時(毎日)

 

1点ご注意いただきたいのですが、2人分の金額です。

こちらのセットは、1人で食べるには多めの量ですし、せっかく2人分飲み物が付いてくるので2人で利用するのがおすすめです。

特に事前予約の必要もありません。

 

お得情報
・アフタヌーンティーセットとは関係ないですが、コーヒーなどのドリンク1杯注文で、ケーキ&ベーカリーが50%オフになります。(朝7時30分~9時まで)

 

飲み物

今回は、ティー or コーヒーセットにしましたので、アルコールは無しです。

コーヒーはやめて、紅茶を2種類マルコポーロと白菊をチョイス!

直接茶葉を見て、匂いを確認して選ぶことができます。紅茶好きの方にはたまらないと思う。

 

すごくいい感じの容器で紅茶が出てきました。

こんなオシャレな紅茶飲んだことない・・・w

すごく高貴な味がして、美味しい。

よく見ると、キャンドルで温めてくれているので、温かいままで飲めます。

 

スイーツ

(左から)ストロベリー大福。栗のピューレにココナッツクリーム。メープルシロップクリームブリュレにラズベリー。もみじ型和菓子。

全てのスイーツが適度な甘さで、紅茶が進みました。

個人的には、栗のピューレとクリームブリュレが特に好みでした!

 

ストロベリー味のマカロン。

マカロンってあまり食べたことないですが、紅茶に合うんだって初めて思いました。

 

スコーン

メープルシロップスコーン。

とても秋らしい色で、レッドチェリージャムとクリームバターを付けて食べます。

 

セーボリー

イベリコ豚とマンゴー。

最初、豚とマンゴーってどうなの?と思いましたが、絶妙な組合せで意外と合いました。

 

スパイシーウナギロール。

中に、ごっつい鰻が入っていました。鰻は、間違いないですね。

 

クラブ&エビのサンドイッチ。

フランスパンに、たくさんのカニとエビが挟まれていました。

 

白鳥
2人で食べましたが、満腹です!

 

スイーツもありつつ、ウナギロールやサンドイッチなどのセーボリーもあるので、お腹を空かした方でも満足できる内容になっております。

家族や友達、カップルなどスイーツ好きの方は、誰と食べに来ても楽しめると思いますよ!


スポンサーリンク

ホテル詳細

  • BTSトンロー駅から徒歩3分程

トンロー通りから見える目印の看板

 

BTSトンロー駅(MRTスクンビット駅)周辺で、スクンビット ソイ55(トンロー通り)にあります。

スクンビット通りの中心に位置し、BTSトンロー駅からも近いので、どこへ行くにもアクセスが抜群に良いです!

 

住所:27 Soi Sukhumvit 55 (Thonglor), Sukhumvit Road, Klongtan Nua, Wattana, Bangkok 10110

電話番号:02-080-2111

クレジットカード:VISA/MASTER/JCB

公式ホームページ:http://www.nikkobangkok.com/ja/

地図:

 

まとめ

先日紹介した飛翔は、日本食に特化していて良かったのですが、日本食以外も食べたいという方は、the oasisに行ってみてはいかがでしょうか。

the oasisの海鮮丼と寿司が人気ということで、それらを特に楽しみに行きましたが、バンコクでよくあるなんちゃって日本食ではなく、本格的で日本人が食べても美味しいと思える一品でした。(寿司の食べ放題は、バンコクでは珍しい)

また、エビやムール貝、生牡蠣なども新鮮で食欲をそそられました。(特に生牡蠣は、新鮮さを重視し、早めに出しすぎない配慮ができているところも◎)

オーダー式のクイッティアオやパスタも人気があったなぁ!

 

また、CURVE55のアフタヌーンティーセットも(普段スイーツにはそこまで興味がない私でも)おすすめしたい。

なんといってもスイーツセットの見た目が可愛いし、優雅にホテルロビーで食べるので、なんだかいい気分。

そして、スイーツが甘すぎないところが高ポイント!さすが日系ホテル!日本人のツボをおさえています。

 

スイーツが好きな女子は多いと思うので、気になる子をデートとして誘ってみても、味も雰囲気もきっと喜んでくれるのではないかと思います。

 

Hotel Nikko Bangkokは、宿泊しなくとも、食事やお茶目当てだけで訪れても楽しめるホットスポット!

そして、ホテル館内がとても清潔!これ大事!

気になった方は、是非一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

それでは本日はこの辺で。サワディーカップ。

 

関連記事
スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です