バンコクで買える【フリーズドライソムタム】がお土産にもおすすめ!




サバイディーマイ?どうも!白鳥(@shiratori_dai)です!

本日の内容は、バンコク市内で購入できる「フリーズドライのソムタム」のお話となります。

 

先回のブログでハイ・ソムタムコンベント(シーロムにあるイサーン料理店)を紹介しました。

そちらのお店でソムタムを食べてから、またしてもソムタムが食べたい~!となったので、一味変わった「フリーズドライバージョン」のソムタムを買って食べてみました。

なんでも聞いた話では、水を注ぐだけでソムタムが完成するだとか。

う~む、そんな話があるかいな。

ということで検証しつつ、初のフリーズドライソムタムを食べていきたいと思います!

それでは、本日もお付き合い宜しくお願いします。


スポンサーリンク

フリーズドライソムタムの具材

まずは、含まれている具材の紹介です。

具材の青パパイヤが7割ほど占めています。(そりゃそうだ)

あとは、一般的なソムタムに入っている具材や調味料ですね。

 

いざ、開封!

出たッ!

フリーズドライのパッタイ!

パッと見、私はきんぴらごぼうに見えてしまいましたw

フリーズドライというだけあって、ちゃんと乾燥材も入っていました。

それでは、銀の袋を2つ開けてみます。

 

まず1つ目は、安定のピーナッツ。

 

2つ目は、乾燥エビ。結構本格的!

 

あと、ソムタムって油断していると辛いので、今回は試しにLess Spicyにしてみました。

 

作ってみよう

【作り方】

  1. ソムタムを皿に移し、100mlの水を注ぎます。
  2. ソムタムが水を吸い込むまで待ちます。(約5分)
  3. ソムタムを混ぜて食べましょう!

 

作り方は、至って簡単!

噂どおり、水を注ぐだけで食べることができる簡単ソムタムでした!

 

100mlの水をかけていきます。

 

水をかけ終わりました。

これから5分待ちたいと思います。

 

5分程で水を吸い込んだので、混ぜてみるとこんな感じ!

いかがです?

フリーズドライということで、ソムタムのシャキシャキ感は見当たりませんが、具材を見てもソムタムではありませんか?

 

食べてみよう

フリーズドライも意外と美味しい!

というのが率直な感想。

 

白鳥
よく食べるタイ料理なのに、フリーズドライというだけでなんだか新鮮に感じる!

 

正直に申し上げると、全体的に硬めなので、店で食べるシャキシャキのソムタムには勝てませんが、具材や味付けにはこだわっていて、再現性を求めているなぁという風に思いました。

水の加減で部位によっては、パリパリの部分もありましたが、それはそれで美味しかった!w


スポンサーリンク

購入場所

  • Emporium 4階  グルメマーケット内

 

こんな感じで陳列されています。

意外にも、フリーズドライシリーズに種類があってビックリ!

 

気になる値段ですが、今回私が購入したフリーズドライソムタムは、130バーツでした。

 

こちらがパッタイのフリーズドライ。

値段が割としますが、麺の再現性を見たいので一度は試してみたい。

 

こちらがトムヤンクンのフリーズドライ。

タイ料理の鉄板メニューですよね。

てか、スープ!?ってことは、電子レンジとかいるのかな?

作り方に関しては、確認不足ですみません。

 

【店舗詳細】

住所:622 Sukhumvit 24 Alley, Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110(Emporium 4th Floor)

営業時間:10時~22時

定休日:なし

電話番号:02-269-1000

クレジットカード:VISA/MASTER/JCB

地図:

 

まとめ

フリーズドライシリーズありだなぁ!

まさか、タイ料理がフリーズドライで売られているとは意表を突かれました!

フリーズドライの最大のメリットは、水を注ぐだけで完成すること。

手間がかからずとっても楽チンですよね。(タイ料理の素やパウダーって結局は、具材を揃えて、調理の手間が要りますもんね。。)

 

物珍しいですし、日本へのお土産に買っても喜ばれると思いますよ!

ただ、値段が1つ130バーツほど~と決して安くはありませんが、1回買ってみる価値はあるんじゃないかなぁと個人的には思います。

肝心の味に関しても、まぁまぁの満足感があるのではと、個人的には思います。(ちなみに、ソムタムをLess Spicyにしましたが、十分辛かった!w)

 

今後、フリーズドライトムヤンクンやパッタイを食べたら、引き続き報告致します!

それでは本日はこの辺で。サワディーカップ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です