【ホアヒン旅行】ホテルは、王室御用達のCentara Grand Beach Resort&Villas Hua Hinがおすすめ!




サバイディーマイ?どうも!白鳥(@shiratori_dai)です!

本日の内容は、タイホアヒンにあるホテル「Centara Grand Beach Resort&Villas Hua Hin」のお話となります。

 

タイに来て、もうすぐ2年が経ちますが、初めてホアヒンに行ってきました。

友人に「同じビーチでもパタヤはワイワイ系だけど、ホアヒンはしっぽり系だよ」とおすすめされ、静かな場所での息抜きを望んでいた私は、行ってみることを決意しました。

今回宿泊したCentara Grand Beach Resort&Villas Hua Hinは、口コミが良く、期待が持てます!

 

果たしてホアヒンは、しっぽり系だったのか?

泊まったホテルはどうだったのか?ビーチは泳げたのか?どんな観光客が多かったのか?

それでは、本日もお付き合い宜しくお願いします。


スポンサーリンク

ホアヒン/フアヒン(Hua Hin)

【バンコクから南西に約200km、車で約3時間半のビーチリゾート】

1920年代にラーマ7世の離宮である「クライカンウォン宮殿」が建てられ、ホアヒンは、伝統的なタイ王室ゆかりの保養地として広く知られています。

 

位置的には、タイランド湾を挟んでほぼパタヤの対面で、白人を中心とした多くの観光客やバンコクに住むタイ人や日本人が訪れる、近年大変人気のスポットです。

周辺には、山や海などの自然が多くあり、ハイソで落ち着いた雰囲気を味わうことができます。

バンコクからは、ラーマ2世通りを通って、ほぼ一本道で行けますが、鉄道も敷かれているので、バンコクのフアランポーン駅から電車でアクセスすることが可能です。

また、スワンナプーム空港からもホアヒン行きの直通バスが出ており、アクセスは良好です。

 

Centara Grand Beach Resort&Villas Hua Hin

Centara Grand Beach Resort&Villas Hua Hinは、今も王族御用達のホテル。

1923年に、当時の国王が客人の為に建築を命じた、伝統のある格式の高いホテルとして大変有名です。

全体的に荘厳な木造建築の建物で、ホテルの入り口にはドアもなく、吹き抜け構造で非常にオープンな造りです。

また、周辺には森林の緑がとても多いので、安らぎを与えてくれ、リラックスさせてくれる、そんなホテルです。

 

チェックイン

ホテルに着いたら、こちらの受付でチェックインをします。

「バウチャーのコピー、全員分のパスポート、クレジットカード(デポジット用)」を準備しましょう。

ホテルスタッフの方たちは、英語が堪能で、ホスピタリティ精神が抜群した。

 

ウェルカムドリンク

チェックイン時に提出した、パスポート類を返却してもらうまで、近くの椅子で待ちます。

可愛い象の器に入ったバタフライピーのジュースと冷たいおしぼりで歓迎されました。

全ての手続きが終わると、部屋に入れる時間は、14時からだとスタッフに告げられました。

部屋にはまだ入れない時間でしたので、荷物は受付で預かってもらって、近くを散策しました。

 

荷物を受付で預ける際も、引換券を渡されるので安心です。(写真には入りませんでしたが、右上にNo.でちゃんと管理されています)

14時に荷物を引き取り、無事部屋に入れました。

※チェックアウト時間は午後12時です。(交渉したら、午後13時に延ばしてくれたので、状況によっては、レイトチェックアウトもできそうです)

 

宿泊部屋

  今回の予約プラン Deluxe(2名分朝食込み1泊31,123円)

 

【客室の主な特徴】

エアコン、クローゼット、コーヒー/ティーメーカー、スリッパ(ビーチサンダル)、セーフティボックス、タオル(大小)、バスローブ、ヘアドライヤー、ミニバー、飲料水、喫煙探知機、鏡、遮光カーテン、天井扇風機、無料Wi-Fi、電話、洋服掛け、冷蔵庫

 

今回も安定のAgodaから予約をしました。

※私が泊まった時は予約が直前になってしまったこともあり、1泊30,000円超えでしたが、時期によって価格が大きく変わります。

宿泊をお考えの方は、時期を指定してAgoda(Centara Grand Beach Resort&Villas Hua Hin)から一度、調べてみて下さい。

 

  • 部屋全体

逆光で暗くなってしまいましたが、Agodaで見た通りの部屋です!

 

床や扉は木造です。クーラーもしっかり効いて快適です。

 

天井には、扇風機が付いており、紐を引っ張るとプロペラが回転し、風が少しだけ来ます。高級感を演出した感じが良し!

 

  • バルコニー

扉を開けると、椅子が2つ置いてあります。こちらに座ってビーチを眺めて、ぼんやりするだけでも心地良い!

 

  • トイレ・シャワー室

ちゃんとお湯も出ますし、シャワーの圧も問題ありません。

 

  • 付属アメニティ

タオル(大小)、ドライヤー、歯ブラシ、コップ、シャワーキャップ、石鹸、シャンプー、ボディソープ、テッシュ等が準備されています。

 

  • サンダル

サンダルは部屋に備え付けなので、持って来る必要はありません。

プールやビーチは、このサンダルを履いて行きましょう!

 

  • バスローブ、プール用バッグ

宿泊先では、バスローブを着たい!という方は、備え付けなので、パジャマは持参不要です。

 

  • セーフティボックス

セーフティーボックスは、洋服掛けの棚の中にあります。4桁の暗証番号を入れて、ボタンを押すだけです。

貴重品は、こちらで管理しましょう。

 

  • 無料飲料水

シンハーウォーターが無料で準備されています。無くなればフロントに電話すれば追加でもらえます。

 

  • 冷蔵庫&ミニバー

冷蔵庫&ミニバーに最初から入っているものは有料です。

冷蔵庫は自由に使えるので、外で買って冷蔵庫で冷やして飲むのが良いでしょう!

 

ホテルMAP

チェックイン時にホテル施設と周辺が載った地図がもらえます。

ホテルには、スパ施設や図書館、フィットネスセンター、テニスコート等もあります。


スポンサーリンク

Centara Grand Beach Resort&Villas の魅力

プールが4つ

施設内になんとプールが4つもあります。

こちらは、ビーチに一番近いプールなので、海に入りたくなったら、すぐにビーチに行けます。

プールで泳いでいる人は少なく、ほとんどの人がプールサイドで読書や日光浴を楽しんでいます。

部屋番号をプールスタッフに言えば、プールサイドの椅子に茶色いタオルを敷いてくれます。

 

ビーチが近い

上のプールから徒歩1分のホアヒンビーチがコチラ。

浜辺の砂がサラサラで気持ち良い~♪

もちろん泳ぐこともできますが、泳いでいる人よりも浜辺を歩いたり、日光浴を楽しんでいる人の方が多かったです。水はパタヤよりは綺麗ですが、潜ってみると少し濁っており、決して綺麗とは言えませんでしたw

それでも「海に来たぞ~!!」感は十分に味わうことができます。

 

潮が満ちてきている時間でしたので、波に打たれての水浴びが最高に気持ちよかったです。

パタヤ程盛んではありませんが、沖の方ではパラシュートやジェットスキー等のマリンスポーツもやっていました。

※こちらのビーチにはレスキューがいないので、泳ぐ時は、完全に自己責任なので注意。

 

ホアヒン市内やビーチで、馬を見かけました。なんと、ビーチでは乗馬体験ができます。(もちろん有料)

 

朝食が美味しい

朝6時半~午前11時まで朝食のブッフェを楽しむことができます。

折角こちらのホテルに宿泊するならば、朝食も含めて予約をされることをおすすめします!

パンやソーセージ、ハム、卵を中心とした欧米系の朝食や、クイッティアオやパッタイ、カオパット、マッサマンカレー等のタイ料理、他にはサラダ、果物等もあり、飲み物のバリエーションも豊富でした。

 

パンの種類がかなり豊富で、清潔な朝食会場です。

 

卵料理(オムレツ、目玉焼き)は、その場で料理人が調理してくれるので、アツアツを食べることができます!

ハム・チーズ・ピーマン等の具材入りのオムレツが美味しくて、2つも食べちゃいましたw

 

また、天気が良いので、折角だから外で朝食を食べたいという方は、テラス席でも朝食を食べることができます。

 

こちらがテラス席。清々しい日光を浴びて、朝食を食べることができます。

朝食時間外なので誰もいませんが、朝食時間には、多くの方がテラス席を使用されていました。

ネットに朝食は…みたいな記事があって少し心配していましたが、むしろ大満足の朝食でした!

 

緑に囲まれた設計

こちらがホテルのエントランス前です。

ホテルに着いた瞬間から、安らぎを与えてくれる設計となっております。

 

こちらは、部屋から見たビーチ側の眺めですが、こちら側もエントランス側同様、緑に囲まれています。

庭の手入れも非常にしっかりされており、ホテル周辺は、マイナスイオンが出まくっています!

 

立地が良い

何と言っても、Centara Grand Beach Resort&Villas Hua Hinは、立地が最高に良い!!

中心地までも歩いて10分程ですし、周辺には飲食店やマッサージ店が多く、何をするにも大変便利だと感じました。

タクシー(ソンテウ)もホテルのすぐ近くで待機しています。

また、先日ブログで紹介した、極上イタリアンMAMMA MIA!までも徒歩10分程で行くことができます。

MAMMA MIA!については、こちらの記事を参照ください。


スポンサーリンク

まとめ

初めて行きましたが、ホアヒンもホテルも、とーっても気に入りました。

 

白人の方が多い観光スポットと言えば、これまではパタヤのイメージでしたが、下手したらホアヒンは、パタヤ以上に白人率が高いことが分かりました。

パタヤには若い白人も多いですが、驚いたことに、ホアヒンにいる白人は、リタイアした60~70歳程の年配の方ばかり。もしくは子供連れの家族。

プールの年齢層が本当に高かったです。若い人が皆無でしたので、プールで私のたるんだお腹を出しても、全然恥ずかしくなかった!w

 

街の雰囲気も落ち着いているので、静かな場所でゆったりと楽しみたい方には、ホアヒンは最適な場所だと思います。

ホテルに宿泊している人の割合は、小綺麗な白人85%、お金持ちそうなタイ人10%、その他5%って感じでしょうか。宿泊者のほとんどが年配の白人さんで、日本人や中国人、韓国人は、滞在期間は見かけませんでした。

ヨーロッパに来たのではないか、と一瞬目を疑ってしまう程でした。

 

宿泊したホテルCentara Grand Beach Resort&Villas Hua Hinは、王族御用達ということで、サービスはもちろんのこと、施設内の随所が綺麗にメンテナンスされており、最高のホテルです。

 

たくさんの緑に囲まれているので、心が落ち着きます。そして、海の音や海風もたまりません。

話に聞いた通りのしっぽり系スポットでした。

プールやビーチが近くにあるので、わざわざ遠くまで外出しなくとも、1日ホテル内で過ごすという贅沢な過ごし方が可能です。

 

「ビーチリゾートに行きたいけど、騒々しいところは嫌だな。」という方に、ホアヒンはピッタリのスポットと言えるでしょう。

是非、あなたもCentara Grand Beach Resort&Villas Hua Hinに宿泊して、ホアヒンで最高の休暇を過ごしてみてはいかがでしょうか。

本日は、この辺で。サワディーカップ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です