絶景に感動!バンコクのバンヤンツリーの【ヴァーティゴ&ムーンバー】は行く価値ありまくり!




サバイディーマイ?どうも!白鳥(@shiratori_dai)です!

本日の内容は、バンコクの超有名ルーフトップバー「ヴァーティゴ&ムーンバー」のお話となります。

 

バンコク市内には数多くのルーフトップバーがあり、高層階から非日常的な絶景を味わうことができるので、タイ人や観光客にとって、大変人気のスポットとなっております。

中でもヴァーティゴ&ムーンバーは、より綺麗な夜景と美味しいディナーを落ち着いた雰囲気の中で味わえる、という話を聞き、私もついに行ってきました。

ヴァーティゴで味わえる「コースメニュー」も記事内に載せました!

それでは、本日もお付き合い宜しくお願いします。


スポンサーリンク

バンヤンツリー

バンコクサトーン通りにあるホテル、バンヤンツリーバンコク。

こちらのホテルの61階にヴァーティゴ&ムーンバーがあります。

初めての訪問でしたので、バンヤンツリーの入口に迷いましたが、警備員に聞いたら丁寧に教えてくれました。

 

バンヤンツリーのエレベーターで59階まで昇り、そこからは階段があるので61階まで上がることができます。

私は18時からヴァーティゴにテーブル予約をしていましたが、その時間帯でもお客さんが多く、1階のエレベーターに待ちが出る状況でした。

 

ヴァーティゴ&ムーンバー

ヴァーティゴ&ムーンバーは、バンヤンツリー61階、同じフロアに併設されたスカイバー。

  1. ヴァーティゴ フレンチ料理をベースとした本格的なインターナショナルな料理と飲み物をゆっくりと楽しめる
  2. ムーンバー 軽食(アラカルト)と飲み物をサクッと楽しめる
  3. ヴァーティゴ&ムーンバー バンコク市内を一望できる絶景を味わえる

 

ドレスコード

バンコク市内の名高いルーフトップバーでは、ドレスコードの事前確認が必須です。

折角行ったのに入れなかった~、では悲しすぎますよね。。

59階でエレベーターを降りてから、黒服の方が客の服装を見ている様子でした。

 

【ヴァーティゴ】

  • ドレスコード有り。

サンダル、短パン、スウェット、スポーツウェア、ジャージ等の軽装はNG。

女性は、カジュアルな格好でもOKとのことですが、ほとんどの方が綺麗なドレス姿でした。

男性は、Tシャツ(襟付きの服は間違いない)に長ズボン、革靴 or スニーカーで問題ありません。私はTシャツに襟付きの長袖カーディガンを羽織って、スニーカーにジーパン姿で行きましたが、大丈夫でした。

襟付きのシャツを着て、ビシッとキメている男性がほとんどでした。

【ムーンバー】

  • ドレスコード無し。

男女ともカジュアルな服装で問題ありません。

とは言いつつも、サンダル、短パンという軽装の方は、ほぼ皆無でした。

 

ヴァーティゴ

59階でエレベーターを降りると、階段で61階まで登るのですが、登って左手側がムーンバーです。

階段を登ったらすぐにコンシェルジュがいますので、ヴァーティゴを利用したい、若しくは予約時間と名前を伝えましょう。すると、右手側に広がるヴァーティゴに案内してもらえます。

 

ヴァーティゴは、ムーンバーに比べ、しっぽりした雰囲気で大事な話をゆっくりしたい時に最適の場所です。

ワイワイと盛り上がっている人は少なく、家族や恋人とゆったりとディナーを楽しんでいる人が多かったです。

 

特に角の席は、バンコク市内を見渡すことができる魅力的な夜景を思う存分、堪能することができます!

超ロマンチックですよね~!!

 

ムーンバー

ムーンバーは、17時から営業(ヴァーティゴは18時から営業)しているので、夜景とはまた一味違うバンコクの日没を目の当たりにすることができます。

 

紫色を基調としたムーンバー。

ムーンバーは、18時頃にはギターの生演奏がされていましたし、ワイワイ仲間内で盛り上がっている方が多かったイメージです。

 

コースメニュー(ヴァーティゴ)

コースメニュー紹介の前にまずは、夜景で乾杯っ!

アサヒビール400バーツ、モクテル(パッションフルーツ味)450バーツでした。ドリンクをオーダーすると、焼き立てのパンも支給されました。

メニューは、全てタブレット式!なんとハイテク!!

 

 4コースセットメニュー 4,500バーツ/人(ワイン付は5,850バーツ/人)

それでは、こちらのコースメニューをご紹介ッ!!

 

1.BEETROOT & HENDRICK’S GIN CURED SALMON

前菜は、さっぱりとした生サーモン。

全体的にマリネ的な酸っぱさがあり、前菜として非常に食べ易い一品でした。

 

2.ROASTED PURPLE SWEET POTATO & CAULIFLOWER SOUP

スープは、紅芋ベースのカリフラワー添え。

この様にテーブルでスープを注いでもらえるんです!味の方は好き嫌いが分かれる味で、、私にとっては、まぁまぁでした。

オシャレ料理過ぎて、私みたいな庶民には分からない味とでも言いましょう。笑

 

3.USDA PRIME BEEF SIRLOIN

口直しを挟んで、メインは、サーロインステーキ。

USDA PRIME BEEF(米農務省からプライム級の格付けを受けた優良な牛肉)ということで、柔らかくてジューシー!

 

ミディアムレアで激ウマ~!!

焼き方は選べますし、肉より魚派の方は魚を代わりに頼むことができます。

 

4.CALVADOS CREME FRAICHE MOUSSE

デザートは、果物いっぱいのムース。

イチゴ、ラズベリー、ブルーベリーなどが入っており、最後のデザートとしてはボリュームがありました。

 

【全コースメニュー&価格】

  • 3コースセットメニュー 3,900バーツ/人(ワイン付は5,250バーツ/人) 
  • 4コースセットメニュー 4,500バーツ/人(ワイン付は5,850バーツ/人)←今回私たちが食べたコース
  • 5コースセットメニュー 5,200バーツ/人(ワイン付は6,650バーツ/人) 
  • 7コースセットメニュー 7,500バーツ/人(ワイン付は8,900バーツ/人) 

 

単品メニューもありましたが、ステーキ1つ頼むと3~5,000バーツ程でしたので、やはりコースメニューを頼むのが一番お得かと。

私たちもコースメニューを頼みましたが、テンポに合わせて2時間くらいはディナーをゆっくりと楽しむことができました。

 

ちょっぴり嬉しい無料サービス(ヴァーティゴ)

 記念写真

店員さんが絶景を背にした魅力的な写真を撮ってくれ、帰り際にプレゼントしてくれます。

 

最高の1枚。写真カバーもハイセンス。大切な人と撮ってもらいたいですね。

 

 チョコレート

見るからにオシャレ。帰り際に1人につき1個もらえます。中身は、ミントチョコでしたが、美味しかった!

 

61階から見ることができる絶景

ヴァーティゴのテーブルから見た、夕暮れ時のバンコク市内。

 

バンコク市内が一望できる夜景。

 

同じアングルの写真ですが、2枚を見比べてみても雰囲気が全然、違いますよね。

写真でも綺麗に写りますが、生で見ると迫力が全然違いますッ!まさに圧巻の景色!

 

是非、一度あなたの目で確かめてみてください!!


スポンサーリンク

店舗詳細

  • MRT(地下鉄)Lumpini(ルンピニ)駅2番出口からサトーン通りを歩いて10~15分程

 

住所:61st Fl., Banyan Tree Bangkok, 21/100 Sathon Tai Rd., Bangkok 10120

営業時間(ヴァーティゴ):18時00分~23時30分(事前電話予約可)

営業時間(ムーンバー):17時00分~25時00分(事前電話予約不可)

定休日:無し(但し、大雨や強風などの悪天候の場合は、制限有り)

電話番号:02-679-1200

クレジットカード:VISA/MASTER/AMEX/JCB

地図:

 

まとめ

インターネットには、「勝負をかけたい日に、大切な人との記念日にオススメ」などと書かれていましたが、それは間違いありませんでした。

景色は最高!雰囲気も素敵!さらには、料理も美味しい!

今回、2人でコースメニューを頼んで、飲み物を2杯ずつ飲んで、トータル12,000バーツ(≒42,000円)と、かなり値段は張りますがその分の価値は、間違いなくありました!

半分は、景色代と言っても過言ではないかもしれません。笑 それほどの眺め。

私は頻繁に来ることはできませんので、妻との少し早いクリスマスディナーとして、十分に満喫させていただきました。

 

ヴァーティゴ&ムーンバーは、素敵な景色、美味しい料理と飲み物がある場所。

是非、あなたも一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

それでは、本日はこの辺で。サワディーカップ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です