タイバンコクでも【TOEICが受験】できる!受験申し込み方法について解説します!




サバイディーマイ?どうも!白鳥(@shiratori_dai)です!

本日の内容は、「バンコクでのTOEICの申し込み方法」のお話となります。

 

皆さん、TOEICのスコアは、お持ちですか?

留学のため、就職のため、昇進のため、とそれぞれで目的は違うと思いますが、「そのためにも高得点を取りたい!!」という方が多いのではないでしょうか。

 

私は、10年程前に一度受けて、スコアがボロボロ(恐らく400点無い位だったかなぁ)で、そこから恐怖のあまり、一度も受験しておりません。。

ですが、このままじゃまずい!ということで、勉強して、バンコクでTOEICを受験してみよう!と一発奮起することにしました。

本日は、バンコクでの受験に際し、申し込み方法について解説したいと思います。

それでは、お付き合い宜しくお願い致します。


スポンサーリンク

TOEICについて

国際コミュニケーション英語能力テスト(こくさいコミュニケーションえいごのうりょくテスト、英語: Test of English for International Communication)、通称TOEIC(トーイック[2])とは、英語を母語としない者を対象とした、英語によるコミュニケーション能力を検定するための試験である。

試験の開発、運営、試験結果の評価は、アメリカ合衆国の非営利団体である教育試験サービス(ETS)が行っている[3]。また、ETSはTOEFL(Test of English as a Foreign Language = 「外国語としての英語のテスト」、トーフル)も主催している。

出典/wikipedia 国際コミュニケーション英語能力テスト

TOEICテスト(TOEIC L&R)は、聞き取り (Listening) が100問と読解 (Reading) が100問の計200問の構成です。

制限時間に対し、問題量が多いことでも大変有名です。(Listening45分、Reading75分)

※時間が無くなり、最後に適当にマークすることを『塗り絵をする』と言うらしいですw

評価は、聞き取りと読解でそれぞれ5点から495点までの5点刻みで行われ、合計では10点から990点満点となり、これらのスコアで評価されます。

 

レベル スコア コミュニケーション能力
A 860~ NON-NATIVEとして、どんな場面でも十分なコミュニケーションが可能
B 730~860 適切なコミュニケーション可能な素地を備えている
C 470~730 限られた日常生活、業務の中でコミュニケーションが可能
D 220~470 最低限のコミュニケーションが可能
E ~220 英語でのコミュニケーションが難しい

履歴書に書いたり、アピールするならば、730点以上を狙っていきたいところです。

 

タイのTOEIC

タイは、バンコクもしくは、チェンマイでTOEICを受験することができます。(受験センターがタイ国内に2カ所のため)

タイで受験できるTOEIC L&Rには、二種類あります。

 

TOEIC L&R デイリーテスト

  • 毎日(日祝以外)9時、13時、16時~開催される公式利用不可なテスト

外国人は、毎週水曜日の9時から受験可能。

スコアは、翌営業日に受け取り可能。(土曜日受験の場合は、翌週の火曜日)

➤自分の力試しに最適なテスト(日本でいうIPテスト)

 

TOEIC L&R パブリックテスト

  • 土曜日13時~月1回開催される公式利用可能なテスト

スコアは、受験日から約5日後に受け取り可能。

➤スコアが公式の証明になるテスト(日本でいう公開テスト)

2019年のパブリックテストスケジュール

※デイリーテストもパブリックテストもスコアの受け取りは、後日、直接会場に受け取りに行くか、郵送が選べます。

 

受験料

  • TOEIC L&R デイリーテスト

1,500バーツ

  • TOEIC L&R パブリックテスト

2,000バーツ

パブリックテストに関して、日本だと5,725円なので、バンコクの方が少々割高です。

 

バンコク受験の申し込み方法

受験会場の場所も把握したかったので、会場まで直接行って、「TOEIC L&R パブリックテスト」を申し込んできました。

デイリーの受験部屋が幾つかあったので、覗いてみましたが、かなりの人数の人が受験していました。

試験人数には、定員数が決められていますので、早めの予約が必須です。

 

電話申し込み

Center for Professional Assessment (Thailand)へ直接電話して申し込みます。

電話でのやり取りは、英語もしくはタイ語となります。

02-260-7061

02-259-3990

電話での確認事項

  1. 受験日程の確認(デイリー受験 or パブリック受験)
  2. パスポート番号
  3. ワークパーミットの有無
  4. 名前、生年月日、住所
  5. 連絡先(自分の携帯番号)

 

TOEICセンター(会場)申し込み

必要なもの

  1. パスポート

※受験料の支払いは受験当日なので現金は、不要です。

※受験予約は、1回分しかできません。受け終わってから、次の予約をする流れです。

 

TOEICセンターの場所

BB ビルディング19階

BTS ASOK駅、MRT SUKHUMVIT駅から徒歩10分程です。

 

まずは、エレベーターで19階まで上がります。

すると、こちらの看板があるので、左に曲がります。

 

こちらに見える角の場所がTOEICセンターとなります。

 

中に入ってスグ。こちらが受付ですね。

カウンターでTOEICを受験したいと伝えましょう。やり取りは、英語もしくはタイ語となります。

カウンターでの確認事項

  1. 受験日程の確認(デイリー受験 or パブリック受験)
  2. 当日の持ち物(パスポート、ワークパーミット、受験料2,000バーツ)
  3. 当日の集合時間(AM11:30~受付)
  4. 連絡先(自分の携帯番号)

 

受付が完了すると、こちらのTOEICテストの概要がまとめてある紙がもらえるので、詳細はこちらで確認しましょう。

全て英語ですが。。。




スポンサーリンク

まとめ

この日もテストを受けに来ている人、スコアを受け取りに来る人がたくさんいて、かなり刺激になりました!

タイでは一般的に「語学ができる、できない」かで、職種が大きく変わり、給料にも大きく差が出ます。

皆、将来を見据えて、今必死に勉強しているんだな~、等と色んなことを考えさせられました。

 

他人に感心している場合ではありません。

私も負けていられません!!

申し込みが終わったので、後は勉強するだけ!単語を復習し、苦手なリスニングと長文読解を特訓せねば!!

 

受験当日の様子、結果については、後日レポートさせていただきます。

あまりにもボロボロだったらしないかもしれませんww

 

皆さんもタイでTOEICを受験されてみてはいかがでしょうか?

それでは本日はこの辺で。サワディーカップ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です