大好きなラートナー(あんかけ麺)を【EmQuartierのフードコート】で食べてみた!




サバイディーマイ?どうも!白鳥(@shiratori_dai)です!

本日の内容は、バンコク市内の大型デパート、EmQuartier(エムクオーティエ)のフードコートで「ラートナー(あんかけ麺)を食べた」お話となります。

 

最近、ラートナーが好きすぎて自分でも困っています。

皆さんは、食べられたことは、ありますか?

トムヤンクンやソムタム、パッタイ等に比べるとメジャーではないかもしれませんが、中毒性があって一杯でお腹が満たされるタイ料理です!(私的に)

 

当ブログにて、「ヤワラートのラートナー」「エンポリアムのラートナー」についても書いておりますので、お読みいただけたら嬉しいです。

それでは、本日もお付き合い宜しくお願い致します。


スポンサーリンク

QUARTIER FOODHALL

QUARTIER FOODHALLは、BTS プロンポン駅直結の大型デパート「EmQuartier」地下1階のフードコートです。

 

ご覧いただいてお分かりの通り、非常に清潔で席数の多いバンコク市内でも人気のフードコートです。

奥側にズラッと、一列に並んでいるのがお店という造りです。

 

あらゆるタイ料理(ご飯もの、麺もの、汁もの)が揃っており、だいたいお目当てのタイ料理があると思います。

この日の私のお目当ては、ラートナー!

果たして、どんなラートナーを食べることができるのでしょうか?

 

まずは、こちらのカウンターで必要な分を現金でチャージしましょう!(残った分は、こちらで払い戻し可能です)

一旦、カードにチャージするという方法は、タイのフードコートでは一般的な方法です。

 

こちらのカードに現金がチャージできたら、お好みの料理をそれぞれのお店で注文しましょう!

 

対面のデパート、エンポリアムのフードコート(Emporium FoodHall)同様に、rabbitカードを使うことができて大変便利!

わざわざ現金をフードコート専用のカードにチャージする手間を省けますからね。

また、受付でrabbitカードにも現金をチャージできます。

受付が並ぶ場合もあるので、予めBTSの駅でチャージしておくと、一番スムースです。

  rabbitカード

BTS各駅の窓口で購入可能(Suicaの様なタッチ式電子マネー)

 

ラートナーを注文

  ラートナーとは?

  • タイ風あんかけ麺

豚肉、たっぷりの野菜にあんかけのとろみとの相性がバッチリ。

麺は、センヤイ(太麺)が主流だが、店によっては、ビーフンや揚げ中華麺にかける所も。

あんかけは、醤油ベースで甘味があり、日本人が好む味といえる。

 

Crispy egg noodles & pork in thick gravy sauce  85バーツ

大好物のラートナーが来ました^^

私は、麺は揚げ麺を選び、卵(別途20バーツ)を上に載せます。

 

優しい味で美味いっ!!ラートナーに外れなし!

こちらのラートナーは、豚肉が柔らかく煮込まれて、スープは若干甘めで、コッテリ感はありません。

少しの刺激を求め、唐辛子も忘れずに、振りかけます。

 

店の前に揚げ麺が飾られているので、分かりやすいです。

 

じっくり煮込まれたあんかけソース。

豚肉もここで一緒に煮込まれているので、柔らかくなるわけです!

 

メニュー一覧です。

豚肉以外にも、シーフードのラートナーもあります。

フードコートといいつつも、一応それぞれのお店に名前が付いています。

 

ラートナーが食べられる、こちらの店名は「HENG CHIANG」

フードコート内のお店が並んだ中央付近にあります。

 

店舗詳細

・BTS プロンポン駅直結。EmQuartierデパートの地下1階。

地下1階には食べ物に関するお店が多く、ココ壱番屋、ポムの樹、銀だこ等の日本食屋も入っています。

 

住所:647/2 Sukhumvit Rd, Khwaeng Khlong Tan Nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110

営業時間:10:00~22:00(月~日曜日)

定休日:なし(EmQuartierに準ずる)

電話番号

クレジットカード:現金、rabbitカードのみ

地図

 

まとめ

やはり、デパートのフードコートは、間違いありませんね!

100バーツ(≒350円)程でアツアツの美味しいタイ料理一食を食べることができますし、とても清潔で安心です。

 

これまでは、Emporiumのフードコートをしょっちゅう利用していましたが、EmQuartierも今後アリです!

体感的にEmporiumのフードコードよりもお客さんの密集度が高かった様に感じました。

座席数が多いので、座れない!なんてことは恐らくないと思いますが、休日の昼間は混雑間違いなしです。

それくらいタイ人にも外国人にも人気のフードコートということです。

 

デパートで買い物に疲れたら、フードコートに座って休憩するという使い方もできますし、ずっと座っていても特に何も言われないので(勉強したり、パソコンをしている人もいる)使い勝手が抜群です。

 

是非、あなたもEmQuartierに買い物に行ったついでにフードコートに寄ってみてはいかがでしょうか。

宜しければ、紹介したラートナーもどうぞ!

それでは、本日はこの辺で。サワディーカップ。

  バンコク市内その他のフードコート情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です