タイの水って硬水?【タイの水事情と我が家の対策方法】お話します!




サワディーカップ、白鳥(@shiratori_dai)です!

タイに住んだり、旅行する上で必ず気になることのまず一つが、生活環境の問題ではないでしょうか。

本日は、生活する上で欠かすことができない、『水』に関するお話をしていこうと思います。


スポンサーリンク

タイは、一年中暑い国なので、何をしていても必ず喉が渇きます。

 

水を飲まなければ、熱中症になることも稀ではありません。

また、シャワーの水って大丈夫?台所の水で食器を洗っても大丈夫?などの気になることもあります。

 

水を飲むとき

水道水や生水、これって大丈夫かな?という怪しそうな水は、まず飲まない方がいいです。

 

まず、タイの水道水の現状は、水道管やアパートの水道設備などのインフラ設備の老朽化、貯水タンクのメンテナンス不足などが原因で、どうしても錆やバクテリアが混入してしまい、少し色のついた水です。

飲食店などでは、一度沸騰させた水を出している場合もありますが、メニューにあるペットボトルに入ったミネラルウォーターを飲むべきです。

(日本と違い、タイは基本的にレストラン内での水やお茶は有料)

 

また、ミネラルウォーターは、コンビニやスーパーで販売されているので、どこでも手に入ります。種類も豊富で、500mlボトルで5バーツ~です。

日本に比べると、水は、5分の1程の値段と安いですよね。

 

私が知っている中で一番安い水は、マックスバリューのお水! 5バーツ

*関係ないですが、タイで水やお茶などのペットボトル飲み物を買うと、必ずストローが付いてきます。笑 日本の感覚からすると違和感がありますが、ストローでチューチュー吸いましょう。

 

氷について

タイでは、ビールに氷を入れて飲むことが普通なのですが、氷って結構心配ですよね?

 

私は、穴があいている氷なら大丈夫!と聞いたことがあります。

氷を凍らせると、真ん中の空洞に不純物が集まるので、穴あき氷はそれを除いている為、安全とのことです。器用に真ん中にだけ穴をあけているなぁ、と思います。

*私は、タイの氷で一度もお腹を壊したことはありませんが、穴あき氷でお腹を壊された方もいますので、心配な方は、飲み物に氷を入れるのは止めるべきです。

 

最初から氷を飲み物に入れて提供されるお店も多いので、オーダーをするときにタイ語で

『マイ アウ ナムケン → 氷は、いりません。』

と伝えれば大丈夫です。

 

硬水と対策事項

 タイの水質は、日本と違い硬水で硬度約120mg/l

ちなみに、日本は、軟水で硬度約60mg/lです。

 

 硬水の何が良くないのか

硬水に含まれるミネラル成分(カルシウムやマグネシウム)がシャンプーや洗浄成分と化合して、『金属石けんや石けんカス』を発生させ、地肌や食器、お風呂場に残ってしまい、髪の毛や肌のトラブル、こびりつきを引き起こす原因となってしまいます。

また、日本のシャンプーの泡立ちが悪かったり、髪がキシキシになることは硬水であることが原因です。

 

 硬水を軟水にする方法を紹介

①風呂場には、軟水器を導入しています!

軟水器とは、水の硬度を下げて、軟水にする機械です。

 

こちらの軟水器の中には、「イオン交換樹脂」という小さな粒子が入っており、この樹脂が、水道水中の硬度成分を取り除き、「硬度0」の軟水を作り出してくれます。

メンテナンスとしては、2週間~1ヵ月に1回、自分で塩1kgを軟水器の中に加えて、混ぜる作業をしていけば、同じ樹脂で2年前後継続して使えます。

軟水器を使い出してから、髪のキシキシが減り、日本から持ってきたシャンプーも泡立つようになりました。Good Job( ´・ω・)

 

②台所には、シンク型の逆浸透膜浄水器を導入しています!

この浄水器は、なんとマグネシウムやカルシウムなどの全てのミネラルを除去してくれる為、限りなく「硬度0」に近い軟水となり、とても水道水とは思えない程に美味しくなり、市販のミネラルウォーターと同じ質の水を作ることができます。

 

風呂場の軟水器もそうですが、業者さんに設置して繋いでもらうだけなので、設置は至って簡単です。

我が家では、浄水器から出るを飲み水として使用し、食器もこの水を使って洗っています。普通に飲んでも美味しいですよ!

メンテナンスとしては、風呂場の軟水器の様に塩を混ぜる作業などは、必要ありません。ただ、食器を洗う時など、連続して使いすぎると浄水機能が間に合わない為、だんだんと水が出なくなってくるので注意が必要です。

 

我が家のレンタル費用は、風呂場の軟水器と台所の軟水器2つで約5,000バーツ/3ヵ月です。

健康のことを考えると是が非でも設置したいところです!

 

冠水・洪水問題

タイは、水はけも非常に悪く、雨が降ると一時的なスコールでさえ、すぐに道路が冠水します。(床上浸水まではしないのでそこまでの心配はないです)

 

それによって、ゴミや地下水が湧き出て、色んな物が流れてきます。

雨が降った日の道路ですが、ちょっとした川状態ですよね。笑

冠水の一番の原因としては、コンドミニアム・大型商業施設建築による、地盤沈下であるといわれています。

最近、バンコク市内でも超高層ビルがどんどん建築されていますが、要は建て過ぎで、地盤が沈んできているわけですね。完全にキャパオーバーというわけです!

また、バンコクの大通りのスクンビット通りは、偶数側よりも奇数側の方が地形が低く、冠水し易いと言われています。

冠水すると、交通がマヒし、いつもの渋滞が更に、大渋滞となってしまいます。

よって、バンコクで雨が降りそうな日は、出発を早めたり、地形の高低を事前に住む場所の基準とするなどの雨に対する危険予知が重要だと思います。

 

まとめ

本日は、タイの水事情とそれについての対策方法をお話しました。

タイの硬水のことを何も知らずに、使っていると少なからず、体に害が出る可能性がないわけではありません。

しかし、販売されているミネラルウォーターを飲み、長く住む場合には、軟水器と浄水器を設置すれば、水に関して恐れるものは何もありません。

軟水器と浄水器に関しては、フリーペーパーやネットに日本人用の会社が多く掲載されていますので、ご心配なく。

 

日本とは全く性質の異なる異国の水。

水は、生きる上で欠かせないので、上手く付き合っていきましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です