タイバンコクの日本式バッティングセンター紹介します!(バンコクバッティングセンター)




タイでは野球はあまりメジャーなスポーツではないので、街中で野球用品を売っている所が少なく、キャッチボールをしている人さえ、ほとんど見かけません。(それに比べ、サッカーは割と人気です)

 

そんな中でなんと、バンコクに日本式のバッティングセンターがあるということで、行ってきました。

 

バッティングセンターがあるんだと知った私は、私は小さい頃に野球をやっていたこともあり、久々に野球がしたくなりテンションが上がりました!


「スポンサーリンク」

バンコクバッティングセンターについて

設備紹介

80km/h マシン1台

90km/h マシン1台

100km/h マシン1台

110km/h マシン1台

130km/h マシン1台

計5打席

 

まるで、日本のバッティングセンターではないでしょうか?

 

130km/hのマシンに挑んでいるお客さんがいましたが、大分速かったです(゜o゜)

しかし、経験者の様でバシバシ打ってました。

 

バッティング料金

25球=100バーツ

※1球あたり4バーツ

 

15ゲーム(375球)=1,000バーツ

※1球あたり2.66バーツ

 

むっちゃ打ちまくったるで~という方は、15回分チケットまとめ買いの方がお得です。

 

バッティングマシン利用方法

利用方法は、日本のバッティングセンターと同じです。

 

①バッティングコインの購入

バッティングマシンのすぐ横にプレハブ造りのフロントがあるので、そちらで店員さんに声をかければ売ってくれます。

 

②マシンに投入

『高くなる・低くなる』ボタン まで付いていて、日本の物と全く同じですよね。恐るべし!ジャパニーズ クオリティ!

 

③思いっきり打つ

バットは、借りることができます。

あとは、飛んでくる球をバットで思いっきり振りぬくだけっ!!

 

ホームランでメダル1枚サービスということなので、ホームランの的をめがけて打ちましょう!

 

施設詳細

スクンビット通りsoi31をペチャブリー通りの方向に向かってひたすら奥へ進みます。

 

スクンビット通りsoi31からバイタクで10分以内。

※少し複雑な場所なので、詳しくは下のgoogle mapでご確認下さい。

 

営業時間:

10:30~21:30

定休日:

年中無休

電話番号:

02-262-0699

住所:

108/1 Sukhumvit 31, Klongton Nua, Wattana, Bangkok 10110

地図:

 

まとめ

オーナーさんは、もちろん日本人の方ですが、忠実に日本のバッティングセンターを再現されており、実際に行ってみて、大変楽しく遊ばせていただきました。

 

バンコクでは野球用品がほとんど打っていないと冒頭で申しましたが、こちらのバッティングセンターには野球用品(バッティンググローブ、靴下、スパイク等の備品)が一部フロントにて販売されていました。

 

もし、急に草野球をすることになってしまったけど、備品をどこで買えばいいの?という方がみえましたら、こちらで買われるのがいいと思います。

 

野球を久々にやりたい方、日々のストレスを思いっきり発散したい方、ゴルフ以外のスポーツをやりたい方にとっては、打ってつけの場所だと思います。

 

皆さんも、バッティングセンターで汗を流されてはいかがでしょうか?

白鳥

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です