アソークの【ターミナル21内のPIER(ピア)21】は、バンコク市内屈指のおすすめフードコート!!




サワディーカッポン、白鳥(@shiratori_dai)です!

タイのショッピングセンターやデパートには必ずと言っていい程、フードコートが入っています。

「タイ料理食べてみたいけど、衛生的に屋台飯は、ちょっとな~。」という方も多いのではないでしょうか?

ところがどっこい、フードコートはクーラーが効いて清潔で、屋台と同等の金額(少しは屋台より高いかな)でタイ料理を食べることができるスポットです。簡単に言うと、屋台の室内版!

本日は、アクセスも良く、美味しいタイ料理が食べられるバンコク市内のフードコートを紹介したいと思います!


スポンサーリンク

PIER21について

ピア21は、ターミナル21内にある三拍子揃ったフードコートでタイ人にも外国人にも非常に好評です。

 美味しい!

 リーズナブル!

 衛生的!

 

ターミナル21は、2011年10月にオープンした大型ショッピングセンターで、BTS ASOK(アソーク)駅とMRT SUKHUMVIT(スクンビット)駅に直結しており、アクセスが大変便利です。

 

ターミナル21は、名前の通り「空港のターミナルをモチーフにした大型ショッピングセンター」で、全9階のショッピングフロアがあり、全20階のサービスアパートも併設されています。

エスカレーターの乗り口には、このような工夫が凝らされており、また各フロア毎に世界の都市がイメージされており、日本をイメージしたフロアもあります。

異国に来た気分を味わってショッピングを存分に楽しんでくださいな!というコンセプトなのでしょう。

地図:

 

PIER21フードコート紹介

ピア21は、ターミナル21の5階にあります。

 

ご飯時に行くと、この様に席がない程に人気です。

 

店員さんが豪快に鶏を捌いています。見ているだけでも楽しい!

 

豚足や卵が大きな鍋でフツフツと煮られています。これだけでお腹が空いてきますぞ~!

 

ラートナー(片栗粉でとろみをつけたスープがのったあんかけ麺)用の揚げ麺でしょうか?積み上げられていて、置き場マックスです。笑

 

鉄板タイ料理!カオマンガイ(鶏肉のゆで汁で炊いたご飯に、ゆでた(揚げた)鶏をのせた鶏飯)ですね!

カオマンガイは、どこで食べても大きなハズレがないと思うので、タイ料理初心者の方には是非、おすすめしたい一品!

 

タイ料理で麺料理といえば、パッタイ(米麺を用いたタイ風焼きそば)が有名。

ラートナーも我々の口に合う非常に美味しいあんかけ麺だと思いますので、一度皆様もお試し下さい!

 

タイ料理に必須の調味料も豊富で、かけ放題です!これを見ているだけで、辛い!!

 

フードコートでの購入方法

①フードコート専用カードに現金をチャージ

フードコードでは、現金は一切直接使えません。

これは、バンコク市内の大概のフードコートでのルールです。

 

必ず、こちらの「COUPON」と書かれた場所で事前に入金しましょう。

残った金額は、もちろん後からこちらで返却可能ですので、少し多めに現金をチャージしておきましょう。

私は、一人で行く時は事前に200バーツをチャージしています。

 

②食べたいご飯を注文&カードを渡す

フードコート内でこれだ~!という料理を見つけたら、注文して先ほどチャージした専用カードを店員さんに渡しましょう。

スキャン機でピッ!と処理してくれたら、レシートと一緒にカードと商品をその場で受け取りましょう。

 

③スプーンやフォークを取って座席へ移動

この様に、食器専用の置き場があります。

右の白い容器の中の湯は、スプーンやフォーク用の熱湯消毒湯です。清潔志向にちょっと感動!

注文した料理屋にはスプーンやフォークは置いていないので注意です。

 

④食す!

座席が空いていたら、ようやく食べることができます!

座席に制限時間は無いので、ゆっくり味わって食べましょう!

食べ終わった食器類は、そのまま座席に置いたままでOKです。

最後に忘れずに、カードにチャージした残額を精算して終了です。

※水は、有料なので外から持ち込んだ方がお得です。

 

この日食べたもの

ガパオ+α 53バーツ

よくタイの屋台でみかける、具材を選んでご飯にかけるタイ料理ですね。

全体的に辛かったですが、卵焼きが辛さをマイルドにしてくれました。ちなみに卵の下にはタイ米が敷かれています。

ぶっかけ飯もあまりハズレがないので、おすすめです。ただし、具材によっては激辛やタイ料理独特の味がするのでお気を付けください。

 

カオカームー 49バーツ

こちらは、豚足や豚肉煮込みのぶっかけご飯でチャイニーズタイ料理です。

独特の五香粉が香るので、人によっては好き嫌いがあるかと思います。甘しょっぱいタレがご飯に合います!

豚足は、プルプルでコラーゲンたっぷりなので、お肌にいい料理かと思います。

 

カオニャオマムアン 78バーツ

カオニャオ(もち米)とマンゴーのWの甘さを味わうタイ料理(デザート)です。

甘党の方におすすめの一品。

私は甘党でもなく、食べなれていないせいか、あまりの甘さに半分も食べれませんでした。。

 

まとめ

私もターミナル21に買い物に行ったついでに利用するフードコートですが、いつ行っても間違いありません!

今のところ、このフードコートで食べて「ウワッ!」っと違和感を感じたタイ料理はありません。

私もタイ料理は好きで屋台でも食べますが、正直、ゴリゴリのハエがたかった様な屋台では、色々と気にして気が進まないタイプですので、フードコートは安心して食べることができて非常にありがたい存在です。

しかし、屋台は屋台で、独特の雰囲気から100%タイを実感できる素晴らしい場所です。バンコク市内で、年々屋台が減ってきているという事態は、タイらしさが無くなってしまう様で少し残念です。。

 

今回、タイ飯よりもデザートの方が値段が高い事態には、少し笑ってしまいました。

紹介させていただいた料理の価格を見ていただくとお分かりですが、1品100バーツもしない価格帯の料理が多く、クーラー完備、清潔さなどのトータル的に見ても、コスパがいいと思います。

是非、あなたもターミナル21で買い物をしたついでに、ピア21でタイ料理を食べてみてはいかがでしょうか?

おすすめのタイ料理15選についての記事は、こちらのブログ記事を参照下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です